【川崎】熱帯夜のシーソーゲーム  ホームFC東京戦

 暑さと湿度で蒸し風呂の方がましじゃないか?と言う湿気でアウェー側が靄って見えるコンディションでしたが、熱い試合を見せてもらいました。
 序盤は押し込まれたものの、10分過ぎから徐々にボールを持って押し込める様になり、ボールの支配率が上がってきていました。
 パス主体の両者の対戦らしく、中盤のボールの取り合い回し合いで見応えがありました。
 前半にかなり激しくやったので、後半は流石に動きが落ちましたが、この蒸し暑さでは仕方ありません。
 この試合はしっかり勝って終わりたかったところですが、それでも勝ち点1取って連敗にストップが掛かった事で良しとしたいところです。
 ただ、この試合でレナトとサネが負傷交代しているのが気になります。
 コミが戻って新戦力のアランが加わっていますが、攻撃陣が手薄なのでヨシトとケンゴに掛かる負担がかなり高くなっています。
 本来ならヨシトは後半半ばくらいで交代させて休ませたかったところです。
 棗をFW登録して攻撃陣もサブがいる形になってますが、ここでヨシトとケンゴの負担を掛けると後に響いてきそうです。


・フォーメーションとスタメン

 イナがベンチにもいませんでした。
 モバフロメールでは右腿違和感で昨日まで様子を見ていて、結局外れたとの事。
 1週休んでどうなるか?ですね。
 イナの代役でスタメンは森谷。 守備的に行くならフクやイガの選択肢もあったと思いますが、結果として攻撃に繋げるアクセントになったので正解だったと思います。
 フォーメーションはFC東京に合わせて4-2-3-1。
 途中FCが3バックになった時間帯がありましたが、そこでのポジションがズレる悪影響はFC側の方にあった様です。

・綺麗に崩したゴール

 先制はヨシトとアランの1-2でヨシトが決めました。
 前節の仙台戦ではいまいちフィットしきれてなかった前線の関係は、かなり良くなっていました。
 あそこであのタイミングでワンタッチパスが出せるアランも良かったですが、そのアランを信じてボールを預けるヨシトも凄いと思います。
 2点目もヨシトのヘディングのこぼれ球をケンゴが押し込んだものですが、ヘディングで飛んだコースとスピードが良く、権田も取り敢えず当てただけになったのが良いところに跳ねたのは、彼にとってアンラッキーでしたが、すっぽりと空いたゴール前の穴に走り込んでいたケンゴの判断が生んだゴールと言ったところでしょう。

・あっさりとやられた失点

 1失点目2失点目共に左サイドから。

 1失点目はノボリが抜かれた時点で終わってたと思います。
 このシーンはノボリが中途半端な位置取りになっています。 
 この失点だけでなく、このところ左サイドからの失点は皆似た様な感じで、ノボリの位置取りが悪いところから侵入されて決められているのが気になるところです。

 ノボリが突破された事でCBが引っ張りだされて、後手に回り中途半端な対応になったところと決めらてますが、問題はノボリの所で複数の敵を見る状況になっている所でしょうか。
 単独で来たなら問題は少ないのですが、ノボリのチョイスとしては中間に位置するしかないだけに、こうなる前の時点でサポートがサポートが欲しいところです。
 とは言えレナトはそこまで戻りませんので、ボランチがケアするか最終ラインがスライドしてCBが当たるかなのですが。

 2失点目はフェイントで壁が崩された所もありましたが、撃った方が偉いキックでした。
 ただ、西部も触るところまではしていた様なので、惜しい失点だったと思います。

・アラン ホーム初見参

 実際のプレーを初めて見ましたが、年齢に相応しない落ち着いたプレーぶりでした。
 あの位のブラジル人選手って何処に来る選手も自分でガンガン行っちゃう所がありましたし、昨季のレナトも自分中心のプレーだっただけに、前線近くで連携しながら攻撃していく事が最初からできているのは凄い事です。
 ヨシトのゴールの所も、自分で捏ねずにスッと的確な場所にワンタッチで出してましたし。

 かと思うと自分で行けるところは自分で仕掛けていきますし、レナトとはまた違った速さのある選手だと感じました。
 ちょっと足元はまだ安定しませんが、綺麗にボールを貰える様になれば良くなると思います。
 シュートも無理やり撃ちに行く感じではなかったので、初ゴールが決まればコンスタントに獲ってくれそうな雰囲気があります。

・森谷のボランチでのプレー

 今回、イナの代役でボランチに入りましたが、今の川崎のボランチは攻撃主体のパサーではなく、まず守備で相手を封じて前にボールを供給する事が求められてます。
 コーキが中々出場機会が無いのも、このためでしょう。
 果たして森谷でどうか?と思いましたが、イナの代役は充分以上に果たしたと思います。
 イナの様なフィジカルやボール奪取テクニックは及びませんが、運動量を上げて広くカバーし思い切りよく球際を激しく行ってボールを奪っていました。
 ナビ仙台戦での結果を出した事が変わったきっかけでしょう。

 特に後半は中央で森谷がフリーになっているシーンが良く見られ、そこにボールが入るとドリブルで持ち上がるシーンが何度かありましたが、あの時間帯にドリブルで行くと相手は付いていきにくいので、そこで生じたズレでパスを出して攻撃につなげる所はいいプレーだったと思います。

 流石に終盤はガス欠しましたしフクと交代しましたが、あのピッチコンディションであそこまで走り回れれば充分仕事したと言えます。
 次にイナが出れるかは判りませんので、次回も機会を得られたら頑張って欲しいところです。

・レナトがいないオプション

 レナトがアクシデントで交代となった後ノボリが一つ上がってきましたが、レナトとは違った攻撃を見せてくれました。
 今でこそ左SBで定着しましたが、彼の持ち味はやはり前で発揮されます。
 完全にレナトと置き換わる訳ではありませんが、レナトを休ませたい時のオプションとしては良いのではないでしょうか。
 ただ、それには左SBに守備を計算できる選手を入れる必要がありますが。

・コミの復活

 レナトと交代で入ったのはコミでした。
 左のアタッカーはベンチにいませんでしたのでノボリを上げるだろうとは思いましたけれど、左SBはてっきりフクだろうと思ったら、コミが来ました。
 去年の何時以来の出場だったでしょう。
 プレーはまずは守備を安定させる事を第一にしていた様に見えましたが、終盤は結構前に入ってプレー出来てましたので、試合感が戻ってくれば以前のワクワクさせてくれるプレーを見せてくれると思います。
 それだけに勝って終わらせたかった試合でした。

・最後に審判について

 今回の審判団のジャッジを見ての率直な感想は、「彼らのリーグのサポもジャッジに怒りを覚えているんだろうな」と言う事でした。
 交流して国際的なジャッジに慣れると言う意味では有意義なのかもしれませんが、タマシコの様な選手もサポもエキサイトし易いダービーマッチに笛を吹かせるレベルではありませんでした。
 ミスも多く、妙なカードもありましたし、ゲームのコントロールが出来ていたとはとても思えません。
 「欧州の審判だってこんなもんだよ」って事を示すために呼んだ訳ではないでしょうし、もうちょっとどうにかならなかったのかと。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR