【町田】負けなかった事より勝てなかった事が… アウェー東京V戦

 東京V-町田戦。 この対戦に付いた名称が「東京クラシック」
 歴史が無いのにいきなりクラシックか?と海外サッカーマニアには突っ込まれそうだけれども、当事者に取って歴史は作るもの。
 誰かが始めなきゃ最初は無い訳ですので。

 FC東京戦以外で味スタに来るのは慣れてないせいか?違和感が一杯です。
 更に前日がJ1最小スタジアムで翌日がJ2最大規模スタジアムですから、スケール感がハンパ無くずれてますので、余計にそう感じるのかもしれません。

 前半はなんだか不思議な時間感覚で過ぎていきました。
 私の場合白熱した濃い内容の試合だと時計の針の進みが妙に遅く感じ、スカスカだとあっと言う間に終わってしまう感覚になります。 
 ただ、この試合の場合は試合を見ている時間の感覚と、時計の進行とが妙にシンクロして進んでいく妙な感覚でした。
 お互いに攻めているし守りきってもいる。
 それ自体は白熱した内容になると思うのですが、勝ち点を思う様に積み上げられない町田と最後で追いついて辛うじて負けてないヴェルディと言うチーム同士の対戦だったからかもしれません。
 それでも、町田側から見た前半は終了間際のヴェルディの猛攻を凌ぎきってスコアレスで折り返せた事は価値あるものと思いました。
 大分戦で見せた気の抜けたところを付け込まれる事も無く、集中が切れなければ今のヴェルディとは良い勝負が出来ます。
 この時点で後半の選手交代が鍵になりました。 どちらも攻守のギアを上げる駒は持ってましたので。

 ヴェルディの先制点は見事でした。 
 左サイドを深く抉られてのマイナスのクロスに飛び込んでくる連中に付き合って、守備陣が下がって出来たヴァイタルのスペースに上手く走り込まれて決められました。
 あそこで誰かがヴァイタルに残っても、その時は手薄な守備の隙を飛び込んできた連中が攻略したでしょうから、クロスを上げさせた時点で勝負は決まってたと思います。
 もっと早くに潰せていればと悔やまれる場面でした。
 しかし町田もやられっぱなしでは無く、交代で入った平本が前線でチャンスメークしてだんだんとヴェルディ陣内で仕掛けられる状況になってきたので、後は決め方の問題でしたがそれが町田の課題。
 それでもゴールライン際を突破してゴール前に迫った平本を中後が倒してPK。
 あそこは無理に止めに行かなくても良かったところですので、中後の判断ミスでしょう。
 後半何かというと倒れて時間稼ぎしてましたので、その付けをここで払わされたと様なものです。
 足の掛け方をちゃんと見てれば一発レッドでもおかしくなかったですし、あそこでPKを与えない主審は東城位なものです。
 このPKをディミッチが決めて同点。
 この試合の流れだけでなく、今後の残留争いやクラブの未来に掛かるPKでしたので、プレッシャーは相当な物だったと思いますが、これが10番の責任というものでしょうか。

 ただ、このPKでなんか気抜けした様な気がしました。
 本来ならもう一点取って勝ちに行く姿勢を見せるべきでしたが、あの劇的なゴールで終わった様な雰囲気になってしまったのが2点目が取れなかった理由かもしれません。
 今日みたいなヴェルディ相手なら、ここで更にもう1点をリスクを背負っても行くべきだったと思います。

 同じ疑問はベンチの交代戦術にも言えます。
 幸野を下げてソノを投入って、どうみても守りきれをいう指示に見えます。
 ボールが集まり攻撃の起点の機能を担ってた幸野を外してまでソノを最終ラインに入れて何をしたかったのか?
 100歩譲って守備を強化して奪ったボールでカウンターと言う戦術だったとしても、カードを一枚余らせているなら、中盤を1枚削って勝又を投入して勝ちに行く姿勢が見たかったです。

 歴史と伝統を作り始めた東京クラシックですが、ダービーマッチならではの「もてる力」の全力投入が町田にもヴェルディにも見えにくい試合となってしまった様です。
 残り6試合で上位との勝ち点3はまだ諦める数字ではないですが、大事に勝ち点を積み上げていられる時期は終わった様に思えます。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR