【川崎】リベンジ完了  アウェー浦和戦

 ナビスコ準決勝で苦い思いをさせられた浦和との対決は、優勝戦線に影響を与える試合となりました。
 ミシャの呪縛はカップ戦では解けていますが、リーグ戦ではまだ有効だったようです。
 中二日で体の重い川崎と、天皇杯は敗退していて丸々二週間試合が無かった浦和でどうなるかと思いましたが。

 何時もは永田町から南北線経由埼玉高速鉄道で浦和美園まで行きますが、今回はアウェーツアーで元住吉から。
 この手のアウェーツアーやると痛い目を見る割合が多いのですが、今回は上手く行きました。

 しかし、一端関係が出来るととことんしゃぶり尽くす川崎のプロモーションの恐ろしさが今更ながら。
cIMG_1688.jpg
cIMG_1666.jpg
cIMG_1665.jpg

・スタメンとフォーメーション

 天皇杯山形戦から、ケンゴ・イナ・ジェシが入り、ユウはベンチに。
 中二日ですが、最低限の変更のみとなりました。
 フォーメーションはKO直後はイナをアンカーに、ケンゴと真希がインハーフに並ぶ4-1-4-1でしたが、浦和のプレスに押し込まれてあまり機能していませんでした。
 前半途中で真希がボランチ位置に下がって2ボランチの様な形になったので、風間さんから指示が出たのかと思っていたら、ピッチ上で選手間の相談で変更したそうです。
 拙かったら自分たちで変えていく事が出来る様になったのは、技術とかとは別に気持ちと言うかメンタルが強くなったのかなと。

・ジェシ奮戦

 浦和は例によって前線に人数を掛けて且つSBが上がってくる事で、こちらの守備陣に数的優位を作ろうとしていましたが、押し込まれたものの良く抑えたと思います。
 ジェシが空中に地上にとゴール前にしっかり鍵を掛けてくれました。 
 1失点は流石に中盤から隙を突かれて崩された形なので、仕方がないかなと思います。
 序盤にCKから先制点を取ってくれて、試合展開を優位にできました。
 技術だけでなく気持ちも見せて戦ってくれる姿をこの先も見せてほしいです。

 イガも連戦になったせいか、ちょっと集中力を欠いたプレーがありましたが良く抑えてくれました。
 最近の出来と比べるとらしくないミスがありましたが、怪我した部分に問題があるのであれば心配です。

 ノボリの所に平川が突破を仕掛けて続けたのはかなり危なかったですが、関口に代わってそれほどサイド一杯から攻め込む形を取らなくなったのは助かりました。
 あれだけ攻め込まれるとノボリが上がれなくなりますし、守備に回ると弱い部分があるのでファールからFKって形にされるのも困ります。

 右サイドはコミが良く抑えてくれていました。
 リョータとの連携はちょっと怪しい感じでしたが、リョータが守備に回って相手をディレイさせてましたので、大きな破綻は無かったですね。
 それだけに負傷退場は痛いです。
 左足を着いた時に膝を捻った様で、スカパー!の映像だとかなり痛そうだったので重傷で無ければ良いのですが。

・中央突破のカウンター

 普段だとサイドが使えてない時にケンゴやヨシトが中央を攻めるしか手が無くなるのですが、この試合に限っては浦和がサイドからの突破に拘った分、中央が薄くなったので奪ったボールを前に出してのカウンターが有効になってました。
 サイドがある程度ディレイさせて奪ったボールをケンゴに渡してそこから前への展開やレナトのドリブルとなると、元々中盤が薄くなるフォーメーションの浦和には効きました。
 フィニッシュが決まっていれば、圧勝の可能性は高かったです。

・リョータの仕事

 山形戦ではハイプレスをかいくぐるのが上手く行かず、思わぬ苦戦となりましたが、この試合では中央の空いたスペースを上手く使ってボールを捌いてくれました。
 捌くだけでなく、ドリブルで持ち上がるのを織りまぜて行くので、浦和も捕まえるのに苦労していました。
 リョータのドリブルはレナトの様に速い訳でも、クスの様な独特のリズムがある訳でも無く、なんと言うか飄々とした感じで楽しそうにボールを運んでいく様に見えます。
 簡単に取れそうで取れない、そんな不思議な感覚のドリブルです。
 今の川崎でドリブルで前線まで持って行けると言うか行くのはレナトだけなので、リョータも仕掛けて行けると攻撃の幅が広がりそうです。
 ただ、フィニッシュは…。
 ヴァイタルでゴールに向かってシュートに入るのに、妙に捏ねて他のパスコースを捜している様な動きをしているのはどうかと。
 そこまで自分で持って行ったのなら、そのまま自分で撃ってもゴールにならなくても納得が行くのですが。


・イナの存在感

 パスミスやファールが多かったですが、それだけボールが集まりヤバい場所を潰しに行っていたと言う事です。
 後半ATにヨシトのゴールの演出をした様に普段はアンカーに近い位置にいても、機を見て上がって仕事ができる、イナ本来の仕事が試合終了直前にも出来る様になりました。
 浦和に押し込まれて受け身の守備だけでなかったのも効いてたと思います。

・優先順位

 今回の試合で一番気になったのはこの部分。
 シュートの精度もありますが、ヨシトにボールを集めるのはどうかと。
 自分で撃てる状況でもヨシトを捜してパスを出す様なシーンが何度もありました。

 確かにヨシトには得点王を取って欲しいです。
 ただ、それより優先されるのは試合の勝利です。
 守る側としてはヨシトをマークしてればいいのですから、楽になります。
 まずは自分で撃つ様にしていけば、ヨシトのマークも緩くなってシュートチャンスも増えると思うのですが。


 厄介な対戦相手が続く三連戦、まずは浦和に勝ちました。
 セレッソも勝ったので順位は上がりませんでしたが、2~4位が総コケしたので、3位も見えてきています。
 次はJ1で勝った事が無い大分です。
 なんとしても勝ってホームの最終節で鞠を迎え撃ちましょう。

cIMG_1737.jpg
cIMG_1745.jpg
cIMG_1731.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR