【川崎】悔しすぎる敗戦  天皇杯準々決勝 鳥栖戦

 顔なじみのサポさんと残念会をやってからホテルに引き上げてきました。

 現地参戦されたサポさんお疲れ様でした。
 鳥栖まで多数のサポさんがいらしていましたが、残念な結果となりました。
 正直、悔しさが一杯です。
 鳥栖が強かったと言うより川崎が決めきれなかった、そんな試合だったと思います。

 この試合はかなりの戦力ダウンになりましたので、90分での決着は無理かと思いましたが、延長で先制され前がかりになった所で追加点と、鳥栖にとってはベターな展開だったでしょう。
 川崎にとっては、90分内に鳥栖にゴールを決める機会が何回かありましたので、そこを決めきれなかったのがズルズルいった原因だと思います。
 特にベンチに切れるカードが限られる状況では、スタメンの選手に何とかしてもらう必要がありました。
 そう言う意味では、昨季の天皇杯大宮戦と同じ状況。
 あの時は守備で切れるカードが無くてコーキを入れる以外に手当てができませんでしたが、今回は攻撃で切れるカードがヤジしかいませんでした。
 せめてユウがいれば。 

・スタメンとフォーメーション

 これはなんのターンオーバーですか?と聞きたいくらい、リーグ最終戦から選手が入れ代わってました。
 レナト、ノボリ、ユウがベンチ外でベンチには今季退団のアラン、ロブソン、コーキ、ヤジが。
 更に試合前のウォームアップでリョータが負傷で急遽アランに変更。
 アップの最中にいきなり控室に戻って行ったので嫌な予感がしましたが、試合前から離脱とは…。

 空いたポジションには左SBにヒロキ、左SHに森谷、右SHにアランが入りました。
 引退した選手をスタメンに引っ張りだすとは、どこまで人使いの荒いクラブなんだか…。

 フォーメーションは4-2-3-1でしたが、後半ヤジを入れて2トップになったところで真希を右SHに入れてケンゴをボランチに下げた形になっていた様に思います。

・沈黙の左サイド、真希の右サイド

 レナト/ノボリから森谷/ヒロキとなりましたが、どちらもドリブルで仕掛けるタイプではないので、ストロングポイントであった左サイドが沈黙状態でした。
 右もアランは気合いを入れていましたが、裕介がイマイチピリっとしないので、こちらもおかしな状況に。
 後半、アランを下げてヤジを入れてかなり改善する事になりましたが、ヤジがトップで効いていたと言うより真希の運動量での突破がモノを言ってました。
 練習試合でもやらない組み合わせになったので、上手く機能しなくても仕方がありませんが、リョータが予定通り出ていたらかなり状況は改善されていたと思います。

・安定の守備陣

 左SBにヒロキが入った事で、少なくとも最終ラインについては穴は無くなりました。
 ボランチもイナが動けているうちは鳥栖の攻撃を余裕を持って対応できていました。
 失点シーンは仕方がない場面だったと思いますが、見事にカウンターを決められました。
 本来の守備ポジションから離れた時にどうするか、その当たりは課題だと思います。
 少なくとも誰も居ない所でイナが追いかける状況と言うのはかなり拙いです。
 そして、何度となくジェシがゴール前から引っ張り出されていたのも、ジェシがしっかり潰してくれていましたから良かったですが、ジェシがかわされた時に一転ピンチとなるので、この辺りは来季対応してもらいたいところです。
 裕介の裏を突かれるのが多かった様に思えますが、コンディションが悪くて戻りきれないのかは判断が付かなかったです。

・フィニッシュの精度

 リーグ戦終盤から顕著になってますが、点が取れてません。
 守備陣が踏ん張ってクリーンシートにしているので目立ちませんが、重心が後ろ掛かりな状況になっているわけでも無いので、得点にいたるところまでの崩しにバラエティが無いなと。
 ゲンゴに預けてヨシトに出してと言うのが対策されている様に思えます。
 レナトがいれば、鳥栖の守備陣にドリブルで突っかけて崩しを入れられるのですが、森谷はそう言うタイプでなくボールを回して崩していくタイプですので長所が活きず、そう言ったところが熟成されてないのかなと思います。
 ヨシトに得点王を取らせる事を隠れ蓑にしたヨシト依存症がここに来て出てきたのかなと。

・真希の運動量

 この試合、川崎のMOMは真希です。
 半端無い運動量で守備から攻撃に走り回り、後半右サイドを主戦場にしてからは、幾度と無くヨシトやケンゴで連携して突破してチャンスを演出していました。
 右サイドに呼応して左サイドでも仕掛けられれば…。

・パワープレイ

 前線にヤジが入った時点で、ある程度アーリークロスを入れてヤジに競わせる形を持っていた方が良かった気がしますが、ヤジがあまりゴール前に居ないので。
 消えている時間が長く、正直相手に脅威を与えている存在とは思えませんでした。
 ヤジだけで足りないので、ソータを入れてジェシを前線に上げるパワープレイとなりましたが、とにかくジェシをターゲットに放り込むと言うシーンが少なかった様に思えます。
 ヤジの位置取りが悪く、ジェシにマークが付いてしまったのは効果を減じてしまいました。

・アランのラストプレイ

 リョータの負傷で急遽スタメンが回ってきた事で、気持ちの持っていき方が難しかったと思います。
 序盤はかなり荒っぽくきてましたし、序盤にカードを貰う始末。
 ただ、徐々に落ち着きを取り戻していた様に思えます。
 彼自身、次の試合に出番があるかは判らない状況でのスタメンだったので、何時も以上に気合いが入っていたと思いますが、あれだけガツガツと行くアランを見たのは初めてかもしれません。
 あの様なプレーぶりをもっと早く見たかったところです。
 若いんですから、もっとガツガツ言っていいと思います。
 川崎での経験を次の場所で活かしてもらえれば。
 


 最下位スタートから3位フィニッシュと、波瀾万丈だった2013年シーズンは最後に不本意な結果で終わりました。
 準決勝・決勝に行く力が今のチームに有っただけに、ここでの敗退は悔しいです。

 もし、準々決勝の会場が等々力だったら、もしくは中立地だったら、結果はまた違っていたかもしれません。
 ただ、鳥栖に手こずると言うのは、アジアでも手こずると言う事になります。
 フィジカルの強さとハードプレスを押し出してくる相手にどう対応していくか、主力メンバーが負傷で欠場してもどう川崎のサッカーをやっていくか、来季はこの点を今まで以上に突き詰めていく必要があると思います。
 


・ジェシに捧ぐ

cIMG_2418.jpg

 試合後、ロッカーに引き上げるジェシ。本当に悔しそうでした。

 でも最後まで戦ってくれて本当にありがとう。 
 タイトルを取ると言う奥様との約束は果たせませんでしたが、貴方が戻ってきてくれたから3位フィニッシュとACL出場権を得る事が出来ました。
 予定より早い帰国となりましたが、クリスマスをご家族でお過ごしください。
 そして来季、アジアを舞台に背番号5がゴール前に立ちはだかる姿を見せてください。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR