【川崎】残念な敗戦 アウェー浦和戦

 現地参戦のサポさんお疲れ様でした。
 さいたまの風は寒かった。 試合結果も寒かった。

 浦和の方が強かった…とは思えない敗戦だっただけに残念です。
 まるで歯も立たずに凹られまくってたのなら、まだスッキリしそうですが。

・スタメンとフォーメーション

 スタメンにユウ・レナト・リョータが帰って来ました。
 結果として強制ターンオーバーになったかの様なスタメンになりました。
 フォーメーションはユウが戻ってきたので2トップの4-4-2。
 ただ、広島同様変則的なフォーメーションを取る浦和相手だとギャップが出来てしまう所を、こちらが使いこなせなかったのが前半に押し込まれた原因かと思います。


・不活性だった前半

 前半は押し込まれる川崎専用と言うわけではないでしょうが、浦和は後方でボールを持つと川崎の最終ラインに5人を貼り付けて、スカスカの中盤をすっ飛ばして縦ポンボールを入れて攻撃する形を取ってきました。
 5人が一列に並ぶので、こちらも相手について横に広がった形での対応を余儀なくされ、選手間の距離感がかなり遠い形になりました。
 そのためボールを奪ってもパスを繋ぐところの精度不足で相手に取られ、カウンターを喰らう状況になる悪循環。
 相手の最終ラインにプレスを掛けるにも、こちらも中盤が下げられ気味なので、有効な攻撃が組み立てられません。
 特に左サイドを主攻面に捉えた様で、タニに向けて梅崎が徹底的に仕掛けに来てそれに興梠も参加してと、タニとしてはかなり苦しい状況になりました。
 ここでは踏ん張ってくれたので、安易な失点に絡む抜かれ方はしませんでしたが、ルーキー…って事をたまに忘れますが…には酷な状況だったかもしれません。

・生き返る後半

 前半、あれだけ最前線に人数掛けて広がっていた浦和が、後半開始から槙野を下げすぐに柏木を下げたのに合わせて、横に広がる事を止めた事と、川崎が付き合わずに狭いスペースに集中する事で、選手間の距離が近い位置に集まれる様になりました。
 その成果として、ボールキープ率が上がり狭い局面でボールを回して相手を振り回す形が出来ました。
 この時間帯にゴールを決められれば、この試合はこちらのものだったと思います。
 相手はボールを奪っても意図して味方にパスすると言うより、とにかく川崎のパスをカットしてボールを奪ってもその先が続かないので、結局川崎にボールを奪われる事の繰り返しで、かなり消耗していた様です。
 もっと早い時間に相手が消耗してくれていれば。
 ただし、失点の場面で左サイドを抜かれて中央に折り返された時は、全体的にちょっと気が抜けてたのかなと。


 残念ながら4月全勝は無くなりましたが、やりたいサッカーはブレ無く出来ているので、あまり心配はしていません。
 次の蔚山戦に繋げて行って欲しいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR