【川崎】完勝    ホーム鹿島戦

 中二日で厳しい状況での鹿島戦でしたが、水曜の手痛い逆転負けを払拭できる完勝に終わりました。
 ズルズルと引きずらずに攻めて行く気持ちの見えた試合だったと思います。

・スタメンとフォーメーション

 FCソウル戦と変わらず。
 重要な試合が続くのでターンオーバーはありませんでした。
 前半はちょっと体が重そうな所が見えましたが、後半には何時ものペースになっていたと思います。
 むしろ鹿島の方が付き合いきれなかった様に見えました。

・FWの仕事

 ユウの2発は共にベストゴールにあげても良い様なゴールでした。
 1発目は森谷のヒールでの落としを受けて力み無くゴール隅を打ち抜き、2発目はケンゴのパスから綺麗なターンで相手を振り切って撃ち込んでと、調子がまた上向いてきた感じです。
 ヨシトの2発も相手が前がかりになったところを裏に抜けての技ありゴールでした。
 あの状況で1対1になったらGKはどうしようもないです。

・SBの動き

 この試合を見ていて変わったなと思ったのが、SBが中に絞ると言うかボールを持って中に入っていったり、守備ではCBと近い位置に並んでその代わりにSHが降りてきてサイドを埋めたりと行った形が見えました。
 これが鹿島対策なのかは判りませんが、小笠原と柴崎が締める中盤でボランチだけでなくSBも中に入って優位に持っていこうとしていたのかもしれません。

 鹿島が前半途中で山本を下げて昌子を左SBに回した事で、左サイドからの攻撃は脅威が減ったので、右サイドの守備負担は減ったかなと。
 山本を下げたのはセレーゾ監督コメントだと怪我との事ですが、序盤から主審にファール取られて注意を何回も受けていても落ち着かないので、あのまま出ていてもカードが出ていたかもしれません。

・DFとしての裕介

 このところ攻撃面では物足りないところがある裕介ですが、その分守備で結果を出してくれています。
 左がタニになったので、タニが上がる分バランスを取っている感じになっているのでしょうか。
 特にCBの後ろをケアする場面が良く見れます。
 右SHが森谷になって守備に下がって来てくれるので、守備についての連携はかなり良くなっている様です。

・コミ復帰

 後半アディショナルにケンゴと交代でコミが3枚目のカードとして入りました。
 キャプテンマークを受け継いでピッチに入りましたので、どこに入るのだろうと思ってみましたが、ケンゴの左SHのポジションだった様です。
 時間と点差からみて守備固めと言うより、怪我で離れていた分を埋める試運転だった様に見えました。
 今はタニが左SBの1stチョイスになっていますが、中断前にコミが入る可能性もあるかもしれません。

・ターンオーバーの是非

 この連戦、メンバー固定でケンゴとイガが外れた所くらいで戦ってきました。
 交代メンバーも真希とパウロでこちらも固定気味で他はモリシが入る位です。

 選手の疲労を考えるとターンオーバーして回していくところですが、チームの形が固まっていませんし、これだけ集中して試合をこなしていくと試合後はリカバリくらいしかできませんので、新しい選手を組み込んでの準備まで回らないのであれば、これも仕方がないかなと。
 ベンチ組は実績も実力もある選手が揃っているので、本格的にポジションをターンオーバーしていくのは中断後からになるのではないかと思います。
 FCソウル戦はともかく、中断前最後の鞠戦はいじってくる可能性はありますが。



 今年の鹿島は若い選手が増えて世代交代を図りながら戦っている様です。
 今節は若さが出た場面も見えましたが、後半カシスタではもっと苦戦させられるかもしれません。



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR