【町田】プレッシャー・ゲーム ホーム愛媛戦

 残り4戦、生き残りを掛けての試合が続きます。
 そのせいもあってか、様子見も殆どなく開始早々から一気に押し込んでましたが、攻撃に殆どの選手が気持ちが向いていた様です。
 左サイドに引っ張りだされて、ボールに向かって詰めていた所に右サイドに長距離パスを入れられ、殆ど無人のエリアを破られて失点。
 開始3分で失点は自分たちから試合の入りを悪くしていた結果だと思います。
 落ち着いて最終ラインからビルドアップしていけば良いところを、急いで押し込んでいく特に両SBの位置取りの高さは裏を狙われたらと思っていたら、サイドチェンジして裏を突かれてというのが多すぎです。
 最後の1失点は点を取りに行ったリスクですが、3失点目まではすべて同じ様な形でカウンターを喰らってます。
 このやられ方はどこかで見た様なと考えたら、昨シーズンの相馬監督の川崎で勝てなかった時のやられ方と一緒なんですね。
 要はボールに向けてのワーワーサッカー化してしまい、逆サイドがガラ空きになってしまう。
 相手にしてみれば逆サイドに一人張らせておくだけで、ゴール前までのスペースが好き勝手に使える訳ですから楽な事このうえないです。
 守備に関してはガンジン一人いないだけで、こうも違うのかと驚いています。
 だからこそ最終ラインを強化のためにガンジンを獲った訳で、皮肉にも補強のポイントは的確だった事を示してしまいました。
 攻撃に関しては平本がスタメンから出て攻撃を牽引していましたが、前線の連携が見えにくかったですね。
 鈴木孝司との連携が特にあっていませんでしたので、あれではラッキーなゴールでもないと点は取れません。
 2得点は両方ともセットプレイでフリーキックを太田が頭で決めたものですから、流れの中から点が取れてない事になります。
 
 この試合で見えたのは、プレッシャーで自由を奪われているかのようなプレイに苦しむ選手でした。
 普段なら綺麗に通るパスが精度が悪くてカットされたり、選手間の意思疎通ができてたプレイがまるであっていなかったりと、目の前のボールしか見えてない様に思えました。
 こうなってしまうと特効薬は勝つ事しかないのですが。

 富山とは6点差です。 
 次の岐阜に勝てば、富山・鳥取にプレッシャーを掛けられます。
 レッドを貰った平本を欠きますが、いるメンバーで何とかして欲しいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

身の丈に合った

監督に選手、フロント、サッカーのプレースタイル、スタジアム、サポンサーそしてサポと・・・

全て身の丈にあったものを!

ちなみに今は身の丈に合ったものは何もない。
これ現実・・・

身の丈に合っているモノは
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR