【町田】ビッグネームの使い方  ホーム相模原戦

 先週ニッパツYSCC戦で初アウェーを観戦したので、二週連続での町田の試合観戦となりました。
 先週の季節外れな暑さは無く、天候も試合中は小康状態だったので、選手は比較的楽だったと思います。

 前節勝ったとはいえ、あの時は高原が出られない時だったので、今回の相模原はかなり怖い存在ではないかと思っていましたが、予想通りに怖い相手でした。
 特にサイドでSHがドリブルで進むのが上手いので、ここから侵入されて崩しに掛かられるのはいやでしたね。

 町田も進ませてはいても人数掛けてボールを奪う守備で対抗できてましたので、ここから破綻する事はありませんでしたが、ゴリゴリと侵入されるとこちらのSHやSBが上がれなくなるので、こちらの攻撃に厚みが出なくなるのが気になりました。
 プレーも荒っぽくて、あまりいい感じはしませんでした。

 それだけに敵陣で奪ってショートカウンターから戸高が先制したのは大きかったですね。
 主導権はこれで渡さないぞと。
 ただ、その後相手とのフォーメーションでギャップが出来て、町田側で中央でフリーになれる選手が出てきたので、相模原側であえて中央を空けてサイドに寄ったのかもしれません。
 これで一番警戒しなければならない高原が左サイドでフリーになり、絶妙なクロスを入れれて同点ゴールを叩き込まれてます。
 ここに関して言えば、それまでマークについていたのをフッと外してしまったのが残念でした。
 もうあの時点ではあげられた瞬間にやられたと思いましたから。
 前半終盤で同点に追いつかれ、いやな流れになりそうでしたが、後半の入りは悪くなく押し込めていけていたので、相模原の意図をかなりくじく事が出来たかと。

 そんな中で獲得したCKを深津が頭で決めて突き放し。
 同点を狙う相模原を抑え込んでタイムアップ。 
 危険な場面はありましたが、良く守れたと思います。

 この試合、高原がどれだけ相模原にマッチしているかに興味がありました。
 昨季までヴェルディで「戦術高原」でチームを引っ張って来た選手で、実力ならJ1でもやれる選手なだけに、どこまで相模原を引っ張ってくるかと思いましたが、意外と大人しい感じでした。
 2トップの筈がポジションは流動的で中盤に下がってボールに絡みながら機を見て最前線に出て行く所は、本当に抜け目がない。
 ただ、ヴェルディ時代のように何でも自分でやるような所は無く、任せるところはチームメイトに任せてフォローに回るような、そんな感じに映りました。
 恐らく歯がゆい思いもしているかもしれませんが、チームの進化のために目をつぶっているような、そんな感じがします。
 それだけに第三クールでもう一度あたる時、どんなチームになっているかと思うと怖い存在になりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR