【川崎】やるべき事をやったて完勝  アウェー鳥栖戦

 アウェー3連戦のラスト鳥栖戦。
 平日遠地アウェーに行ける訳もなく、セレッソ戦と同じくHUBでの観戦。
 お客さんの数は鳥栖戦の方が多かったですね。
 試合はかなり熱かったのがモニターからも感じました。
 伝染したのか、お店の中も試合が進むに連れて熱気がアップしてました。

・スタメンとフォーメーション

 清水戦と変わらず。 ベンチにレナトが帰って来ました。
 フォーメーションも変わらず、2戦連続で同じ顔ぶれなので連戦の中で熟成が進んだかと。

・ペースを掴む

 セレッソ戦、清水戦と相手に主導権を握られて危ない場面を何とか凌ぐ形でしたが、一番そんな形になりそうな鳥栖戦では川崎が主導権を握る事に成功してました。
 鳥栖も最初こそボールホルダーにプレスを掛けてきていましたが、諦めたのか段々追わずに下がるようになったので、中盤でかなり自由に動けてました。

 ボランチと2列目の4人でボールを出し入れし、そこにヨシトが下がって貰いに来たりユウが呼び込んだりと、鳥栖からすれば複数で囲んで獲りに行けば手薄になった所に出されるわ、一人で行けばかわされてやはりフリーの所に出されると、追っかけきれない状況で、引いて奪ってロングボールの戦術に切り替えた様に見えましたが、試合後のコメントを見るとフィジカル的にキツくなって追いきれなかった様ですね。
 キツいプレスの無い鳥栖は怖さが半減しますので、主導権を取れたのは当然でしょうか。
 特にエリア内だと不用意な接触はPKの危険があるので、狭い中でボールを回されても無理に獲りに行けませんし。

・ノボリ 初ゴール

 左サイドでのボール回しで完全に崩して、後は中のFW二人にどう仕事をさせるのか?と思ったところでノボリが深いところから切れ込んでニアにシュート。
 GK林とポストの間を狙っていた様ですが、仮に林がセーブしてもこぼれ球を押し込めるくらい川崎もエリア内にいましたので、あそこでマイナスのクロスにしなかったのは正解だったかと。
 しかし林も昨季は清水でケンゴに狭いニアを抜かれたり、きちんとポジション取っても通されるってのは堪えそうですね。

 後半SBは高い位置を取る様に指示が有った様ですが、SBが攻撃参加した事でサイドでの攻撃が活性化した様です。
 特に左はレナトが入ってより攻撃的になってましたし、もっと点が取れてもおかしくない感じでした。
 SBが上がった後ろはCBがフォローに回っていたので、逆にサイドを攻められても危ないスペースを与える事はありませんでしたので、サイド重視の相手だとこう言った攻め方もありですね。

・守備陣の奮戦

 2試合連続クリーンシート、3連戦で1失点は立派な成績です。
 CB・SBとも顔ぶれが変わりましたが、ここまでやれるとは思いませんでした。
 選手間でいい競争ができている様です。
 ケンゴとリョータのボランチで守備重視な布陣ではありませんが、各人が持ち味を上手く出して守れてます。
 そしてリキが異常に当たっている事。
 良いときは良いのですが、一転追い込まれるとポカをやるイメージがあって安定感のある西部と比べると危なっかしい感じがしていましたが、好セーブを連発で自信を持ってやれているので、このままいって欲しいです。

・選手交代

 枠を使い切らない事でアンチに文句を言わせるネタとなっていましたが、きっちり枠を使い切ってその交代の意図も判る様になりました。
 ベンチメンバーとスタメンとの差が埋まってきて戦術的な交代ができる様なって来たかなと。
 この試合では下がり気味の鳥栖にプレッシャー掛けるのにレナトを入れ、中盤でボールを奪ってカウンターに繋げるのにパウロを入れ、終盤パワープレー対応でアンカー位置にソータをいれてと、勝ち逃げる形は作りました。
 後はビハイドを負った後半でどんな攻撃カードを切って形を作るかですね。

・らしくなかった鳥栖

 この試合、何時もの鳥栖らしさが感じられませんでした。
 特にボールホルダーに対するプレスが甘い事、豊田にボールを当てるにしてもその精度が甘い事、無駄にスペースを作る事。
 昨季では殆ど考えられなかったのですが。
 コンディション作りに失敗したと言われますが、本当にそれだけなんだろうか?と。
 特にサイドからゴール前に豊田に入れるクロスの精度が低く川崎にクリアされるシーンがかなり多かったです。
 旧タニを入れてパワープレーを仕掛けたときも、ゴール前に密集していた割に良いボールを入れられなかったので、フィニッシュも甘かったですし。

・メモリアルマッチクラッシャー

 セレッソ戦は柿谷ラストマッチ、鳥栖戦はユニを変え客にまで配る様な最多観客数を更新した大イベントと、何時ものホームゲームとは異なる空間で有ったところで、ホームのアドバンテージがかなり下がったんじゃないかなと。
 どっちも鬼門で向こうからすれば「勝って当然」「勝ち方に拘る」レベルで観客は見ていたでしょうし。
 サッカーはメンタルも大事な競技だと認識させられました。

 清水戦は…ここのところお得意さんですので、ちょっと違うかなと。
 

 ACL絡みでイレギュラーだったとは言え、鬼門遠地2カ所を含むアウェー3連戦って一体何をやったらこうなるのかと。
 川崎以外はホームゲームがあったのに。
 負け越して帰って来てたら日程君に恨み言の一つも言いたくなるところでした。
 明日は7月最後のホームゲーム。
 勝って7月は完勝で終わらせたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR