湘南と磐田の立ち位置

 湘南が史上最速で昇格を決め1年でのJ1復帰となりました。 おめでとうございます。
 今季は圧倒的な強さを見せ、このままだと最多勝ち点も記録を塗り替えて優勝を決めそうです。
 貰ったシャーレは大事にされる事と思います。

 今季何故湘南が突出したか、専門家の方々の分析がそのうち出てくるでしょうが、スカパー!の中継を見ている限りではやっているサッカーがJ1の時とブレてない事が要因の一つ。
 J1では結果が出ませんでしたが、1年続けた事で熟成された感がありました。

 
 そして、他の要因として京都や千葉と言ったJ2での実力者がいま一つで、下位が混戦となり星のつぶし合いになってしまったところもあるかと思います。
 現状ではPO圏内の6位内には今はギラ九だけですが、意外なクラブが入ってましたから。
 昨季はガンバ・神戸が勝ち点の荒稼ぎがあって長崎を除くと妥当な感じがしただけに、今季はより強く感じるのかもしれません。

 曺監督に複数年オファーを出したそうなので、来季も同じより熟成感を増したスタイルでJ1を戦う事になるでしょう。
 広島や柏の様な存在になっていく可能性を感じます。
 J1昇格を決め、残り試合は来季に向けたJ1仕様を試してくるんじゃないかと思いますが、どうでしょうか。

 対して磐田。
 水戸ちゃんに虐殺されて優勝の可能性が消え、シャムスカ監督は解任となりました。
 1巡目はそれなりに勝ち星を稼いだおかげで3位をキープしていますが、一通り当たってからは対策されたのかこのところ勝ち点を伸ばせていません。
 とは言え、残り9試合の時点で、内部昇格でなく外から監督を連れてくる博打に出ましたが、どうなりますか。
 しかも連れてきたのが監督未経験のレジェンド名波さん。
 昨季のガンバが松波監督を据えたより無茶。
 松波さんは西野さん時代にコーチをやってユースでは監督やってましたし、就任はシーズン半ばでした。
 会見で言っていた素晴らしいサッカーだの美しいサッカーだのは横に置いておいて、取り敢えず勝ち進むサッカーをやらなきゃならない状況で名波監督がどんな采配を振るうのか、注目ですね。

 磐田がなんでこうも苦戦しているか。
 J1で4勝しか出来なかったチームの選手の大半が残り、そこに守備主体と毛色の違うサッカーをやる大佐を据えても上手く回るかは賭けでした。
 ビッグネームの居ない限られた戦力で弱者のサッカーをやるなら大佐は最適解だと思いますが、磐田は強豪らしいサッカーをやりたいところですから。
 このあたりで、J2舐めてる感は半端無く感じました。
 関さんが残ればまた違ったと思いますが、関さんも磐田の内情に嫌気が差したんじゃないかと。
 そして、昨季ガンバがいた事で、名門だの強豪だのにJ2のクラブが慣れちゃった感があります。
 J2にはJ1経験のあるクラブは半数近くいますし、J1にいた強豪だからと萎縮する事もないし。

 名波新監督の初陣は愛媛。
 水戸ちゃんと並んで、リアルJ2と言っていい大物食いの相手に、どんなサッカーをみせてくれますか。
 勝つ事は最低条件になってしまった感がありますから。
 勝たなきゃ松本にプレッシャーを掛けられません。
 もっとも百戦錬磨の業師である反町さんがそんなプレッシャーにぐらつくとも思えませんので、自動昇格は難しいですね。
 仮に失敗しても、レジェンドには事欠かない磐田なので、即切って他のレジェンドを連れてきそうですけれど。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR