【川崎・町田】相馬さんが来季札幌の監督に?

 報知の記事なので放置すべきなのかもしれませんが…。

 来期J2を戦う札幌で、石崎監督の後任として相馬さんに一本化したと言う記事でした。
 記事通りに相馬さんにオファーがあったのなら良いのですが、シーズン中ですし後追い記事が出て来るまでは信用ならないところがあります。

 札幌のサッカーに相馬さんのやりたいサッカーが合うかは判りません。
 石さんのサッカーはハイプレスが基本でその点は相馬さんと合いそうですけれど、札幌のサッカーってパスサッカーとは言い難いところがありますので、すり合わせには結構時間が掛かる気がします。

 J2になる来季は強化運営費が今季の半分になるとも言われており、只でさえ少ないのにそれが更に半分となると残す選手が難しいですね。
 石さんは浦和戦後の野々村さんとの漫談で、ベンチメンバーの給料合計とマルシオの給料が変わらんとボケてましたが、ある程度高給取りのベテラン選手は契約更新しないのではないかと思います。
 比較的若い選手でも、他のクラブからオファーがあれば売るでしょう。
 来季はユースから大量に昇格させる様ですが、札幌U-18はユースでもトップクラスなので素材は悪くないと思います。
 若い良い素材を相馬さんがどこまで育てられるかは注目です。
 プロずれしてない頭の柔軟な若い子なら素直に監督の指示に従うでしょう。

 ただ、相馬さんを担いだフロントがどこまで我慢できるかが心配です。
 1年でJ1に帰るなんて思ってたら大失敗するでしょう。
 今までと違ってJ2は地獄への底が開いてますから、下手すればJFLに降格しかねません。
 ある程度選手を育てて、戦術を整備する時間を与えてもらえれば良いのですが、札幌のフロントって、平気で梯子外して責任を現場に押しつける様なイメージがあるので。
 今季最速で降格になったのも、石さんの責任と言うよりJ1に必要な補強もスポンサー集めも不十分だったフロントの責任が大きいですが、今のところ石さん退任以外に責任取ってるフロントはいない様ですし、社長が将来構想を語ってる時点で降格の責任を取る気はないと言っている様なものですし。

 相馬さんに対する心配は現実に合わせてサッカーが出来るかです。
 甲府の城福監督は自分のやりたいサッカーより、結果を残すサッカーをやって「戦術ダヴィ」と言われようが勝ちに拘りJ1昇格をとりました。
 松本はJ有数の現実的なサッカーをやれる反町監督を選んで、加入1年目で好成績を残しています。
 ある意味、J1以上に現実的なサッカーをやって、少なくともホームでは負けない事がJ2では求められるので、理想を追っかけたサッカーをやったら相当地力のあるチームでない限り、良い餌食になりかねません。
 そういう意味では相馬さんをアシストできるベテランのコーチを付けてほしいところです。
 昨年の川崎の失敗の一端は、コーチを初めとするスタッフをそのままツトさんから引き継いだ事にもありましたし。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

好きです!Sapporo!!

JFLで成功し、飛び級J1で失敗した相馬さん。
間を取ってJ2で成功できるか?相馬さんには
正直あまり興味はありませんが、コンサドーレは好きなチームの一つですので頑張ってもらいたい。サプライヤ―のKappaはカッコイイし!

正直、J2は助っ人次第!攻撃でも中盤でも守備でも戦力になる良い外人がいて、その勢いで昇格
するのが、J2のサッカー。

使えるお金が半分になるなら強力助っ人獲得は
まずムリ。よって札幌フロントだって1年で再昇格
できるとは踏んでいないはずです。2~3年計画で
考えていると思いますよ

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR