【川崎】体制変更に思うこと

 やや旧聞となりましたが、川崎の体制変更で武田社長の会長就任、藁科新社長の就任で柏戦の前にバックスタンド裏でサポへの説明がありました。
cIMG_6055.jpg

 何時かは来ると思った武田社長の退任。 
 代表権のある会長に就任とのことなので、藁科新体制が落ち着くまでは経営に関わって行かれるのでしょう。
 武田社長と言うと、等々力よりむしろアウェイに出掛けた時にお会いする機会が多かった様に思えます。
 ちょっとピークをずらして駅にいると武田社長がホームにやってくるとか、開門待ちで並んで待っていると出張先に前泊でやってきた営業部長の様な感じで、並んだサポに挨拶しながらスタジアムに入って行ったりと。
 いつだったかの甲府戦で、試合後にバス待ちしてたらふろん太がファンサしている間近にいたので、何をされていたのかと思ったら、ふろん太のサインを貰うのに並んでいたとか。
 お孫さんへのプレゼントの様でしたが、社長の立場なら何時でも貰えるでしょうにそういった公私混同をしないところが性格なんでしょうね。

 14年掛けて土台を作ってきたと言われていましたが、優勝争い常連のクラブを作ってまだ「土台」と言われるのは、やっぱりタイトルに手が届かなかったからでしょうか。
 土台作りは楽しい事嬉しい事ばかりではなかったでしょう。
 ガナさん事件では組織を守るために鬼になるしかなかったでしょう。
 あの時にJに楯突いてたらどんな事になったか、イヌ理事の言いがかりを見てると想像もしたくないですね。

 社長を離れる事で前面に出てくる事は減るでしょうが、会長としてもう少し仕事していただければと思います。

cIMG_6056.jpg

 武田社長の後を継ぐ藁科新社長。 目標はタイトルとブレてません。
 もうそれ以外欲しいものは無いって事はみんな思ってますから、当然ですね。
 経歴を見ると営業やSEとか技術系じゃなく、総務部長を経ていらっしゃいますね。
 商売に絡まない対外的な付き合いをやるのが総務ですから、地域やリーグと言った外部との付き合いが出来る人なら問題ないでしょう。
 下に庄司さんや天野さんと言った面々を抱えているのですから、社長自体があれこれする様な事はありませんし。
 スピーチでは富士通サッカー部時代から関係者との付き合いもあるそうですし、いい感じで回るんじゃないでしょうか。

 親会社の富士通から来たと言う事が気に入らないブログもいましたが、親会社持ってるクラブで親会社からの出向や内部昇格以外で社長就任しているところがどれだけあるか、気にした事も無いのでしょう。
 親会社=大スポンサーなんですから、親会社と関係が太い方がクラブ運営にはいいに決まってますし、逆にプレッシャーを掛けられる様な人材であれば尚いい。
 そういう事が気に入らないなら、それこそ「プロヴィンツィア」(笑)なクラブのサポになればよろしい。
 神奈川圏内なら川崎と鞠以外はどこも親会社持ってないから、近場で済みます。

 藁科社長に望むのはしばらくは現状の路線を進んで欲しい事。
 自分の色を出すのはまだ先になりますが、時が来たら思う存分腕を振るって頂きたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR