【川崎】アウェイ磐田戦



 まもなく選手アップ開始。

【川崎】鉄板の新潟戦  ホーム新潟戦(○3-0)

IMG_3453.jpg

 お互いにアウェーを鬼門としている川崎と新潟。
 その時の勢いや強さに関係なくやられるのが鬼門というもの。
 逆にそんな状況でも勝てないとなると、ちょっと苦しいものがありますが、そこまで状況は悪くない試合運びができたと言う事でしょう。
IMG_3454.jpg
IMG_3455.jpg
 U-20W杯代表に選出された三好と板倉、新潟からも原選手が選出された事を試合前に紹介。両方のサポから大きな拍手。

 この試合にリョータとエドゥをスタメンで使ってきた鬼木さん。
 途中出場で慣らしをする事無く、いきなり本番でどうなるかと思いましたが、やはり序盤はバタバタした感じになりましたが、丁度この時間帯は新潟がプレスを掛けてきていたので、じっくり構えて様子見する余裕が無かったのもあるかと。
 しかしボランチに専門職二人がはいって、全体的に落ち着きが出ていました。
 ネットもペアがリョータだと、ミスはあるものの落ち着いてプレーが出来ていたように思えます。
 最終ラインもACLでエドゥが使えない事もありますが、奈良を温存できました。
 途中交代でも奈良を出す羽目になってたら、かなり苦境に追い込まれている状況でしょうから。

 前半は新潟の時間帯でした。
 この時間帯に先制されていたら、この試合の流れはどうなったか、かなり苦労したと思います。
 ただ、矢野の負傷交代で流れが変わった事と、後半にギアを上げるカードを切れなかったのは不運でした。
 ハイネルの先制点は、新潟が一旦攻めきってちょっと気が抜けたようなところで生まれました。
 阿部のドンピシャな縦パスが、スピードに乗って裏に抜けたハイネルの足元にピタリと収まりそのまま持って行って、GKの又抜きでゴール。
 初ゴールは技ありの彼らしいゴールになりました。
IMG_3482.jpg

 1点リードの後半。
 今までだと相手の攻勢に屈するところがありましたが、前半からプレスを掛け続けてきた新潟の運動量が落ちるまで凌げれば追加点はいけると思っていましたが、意外に早い時間帯にとる事が出来ました。
 長谷川が強引にドリブルで仕掛けてライン際を上がり、そこに新潟の選手が引っ張られた事で、中央を薄くなったところで阿部が入れたラストパスを、裏抜けしたユウが落ち着いてニアを抜いて決めました。
 以前のワンタッチゴーラーの様なプレーでしたが、長谷川の突破と新潟守備陣を引っ張るプレーで中央が手薄になったのが効いてます。
 長谷川も相手に吹っ飛ばされるシーンが多かったので、このままだと機能しないで交代かと思いましたが、良い仕事ができました。
 相手のプレスをいなすリョータやケンゴの様な体の使い方が出来るようになれば、スタメン定着出来そうです。

 そして阿部の3点目。
 中々川崎のサッカーにマッチしませんでしたが、ボランチから後ろが安定した事で、前線の仕事に集中できるようになったのが効いてました。
 ユウからのパスを受けて中央から流し込む様な、ゴールに向けてパスする様な綺麗なシュートでした。
 力強くネットに突き刺さるゴールも爽快ですが、こういう狙い済ましたゴールも良いものです。
IMG_3514.jpg

 3点差となった事で、怪我明けのリョータの温存と武岡の試運転を余裕を持って行う事ができました。
 押し込んだ形が作れれば、森谷のボランチも悪くありませんし、足が止まった新潟の状態であれば武岡が余裕を持って対応できますし。
 久々の勝利は手放しで絶賛できるほどではないですが、気持ちが前向きになれる快勝でした。

IMG_3535.jpg
IMG_3536.jpg
 勝った時に出てくるコアラ。 相変わらずの台車芸ですが、今回は空気漏れで萎む事はなかった模様。
IMG_3544.jpg
IMG_3574.jpg
 これも久々の水掛けとラインダンス。ハイネルとネットがノリノリ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】「はやや」のギャグより寒い試合 アウェーC大阪戦(●2-0)

 ストレス無く見れるBS1の中継だったのに試合内容が寒すぎって、何の罰ゲームですか?
 あの「はやや」ですら、寒いギャグが出てこないくらい寒かったです。

 ケンゴの緊急離脱でかろうじて塞がってた問題点の蓋が吹っ飛んだ感があります。
 ケンゴ・リョータ・ネットが居なくて、全く従来の攻撃のスイッチが入らない。
 パスもミスがでまくり。
 麻生でユースの試合を見ましたが、ユースッ子の方が今のトップチームより良いサッカーやってます。
 前半だけで後半は押し込まれてたけど、今年のチームはまだ始まったばかりですから、そこは熟成を図るしかない部分です。

 対するセレッソ。
 昇格こそプレーオフに回りましたが、個々の選手の質は昇格組で一番です。
 大熊前監督の放任サッカーで「自分たちで何とかする」サッカーをやったところで、ユン監督のフィジカルと規律をベースにした戦術を持ったサッカーに変わって、筋が通ってます。
 さくら女学園が男塾になったと揶揄されまてましたが、J2時代の町田戦で見たときに感じた甘さが無くなりました。
 しかもルヴァンはターンオーバーで主力温存ですから、アウェー水原をベスメンで戦ってきた川崎だと勝ち点1で御の字と思いましたが、厳しかったですね。

 とは言え…。

・スタメンと配置の最適解は?

 スタメンのメンバーはともかく、ネット不在時の配置はエルゴラの予想通りのノボリ右SBにタサのボランチの方がまだ回った気がします。
 タニも大学時代は有数のボランチでしたが、川崎ではほとんどやってない事もあって、ミスが多く前に出れませんでした。
 タサの方がまだボールが落ち着いたと思います。

 鬼木さんも流石に拙いと思ったか、前半途中でタニをCBに落として3-4-3にしましたが、ここでボランチに大塚を下げてしまい、不適格二人の急造ボランチで最終ラインに負担が掛かるだけでなく、大塚が下がった事で前線近くにボールを受ける選手が居なくなる事で攻撃が回らない。

・仕掛けない左サイド

 はややが何度も指摘してた様に、ノボリが阿部がボール交換して前にボールを運ぶものの、そこから何故かノボリは後ろにボールを下げてしまう事が何度もありました。
 最初は次に仕掛ける為の準備かと思いましたが、何も仕掛けず何度も同じ事を繰り返すだけ。
 この試合で一番がっかりしたところです。
 PA前に立ち塞がられると諦めて戻すのでは、そこから先の展開が無くなります。
 あそこまで行く前に中に切り込むようなドリブルを見せれば、また違った展開になった筈です。

・沈黙の右サイド

 清水戦では三好とノボリのレフティ二人で仕掛けがありましたが、タサが中々前に出れないので、三好の単発的な仕掛けだけと見えました。
 左右どちらにしても中央がセレッソに押さえられて呼応していないので、有効な攻撃になったかは怪しいところでしたが。

・1トップ

 この試合もユウが1トップに入りましたが、やはり駄目ですね。
 ボールが納まらず、持ち味の裏抜けも出来ず、フォローで中盤に下がってしまって前が薄くなる。
 昨季までの右ウィングの位置から仕掛ける形に戻す方が良いですが、中央でボールを納める1トップがいない。
 鬼木さんは阿部を当てたこともありましたが、ボールの収まりは良いもののやはり本職ではないので。
 これなら前線から下がるなと指示して森本を入れた方が良いかもしれません。

・機能しない交代カード

 ボランチが機能しないので後半から板倉を投入しましたが、大塚がいなくなって前線へのボールの出し入れが機能しなくなった事と、板倉が不安定なプレーを繰り返す事で、回りがフォローに手を取られてしまいました。
 板倉投入であれば、ノボリを下げて車屋を配置換えした方がまだ良かったかと。
 最も、板倉が安定して使えるならタニをネットの代役でボランチに入れる事はなかったでしょう。

 三好に替えてハイネル。順番を間違えなければ有効なカードでした。
 後半頭からなら、大塚・森谷とパス交換しながらドリブルで仕掛けられる形が出来た筈ですが、中盤が荒れてしまったのでハイネルの単独の仕掛け以外何もできませんでした。
 ハイネルをスタメンにしておけばかなり戦えた筈ですが、ギアを上げる存在とするには三好はまだまだと言う事でしょうか。

 森谷から長谷川。 これは何をやらせる為だったのか。
 森谷がいなくなって、ボールは回らなくなりました。
 森谷を外すなら狩野を入れた方が、まだ機能したように思えます。


 次の新潟戦もケンゴの出場は怪しい様なので、今働けるメンバーをどう使うか、鬼木さんの手腕が試されるところです。



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】ラストワンプレー    ホーム清水戦(△2-2)

IMG_3150.jpg

 金曜夜開催のため、今回もキックオフ前に駆け込みで観戦。
 この試合、ブザービートを聞かされたことより、相手の心を折る様な追加点が取れなかったことが残念でした。
 ボールを握って前に押し込んでいく形をとる以上、ミスから一気にカウンターを喰らうリスクはある訳で、この時間帯ならばゲームを壊しに行っても良かったのですが、ラストワンプレーまでゴールを狙いに行くスタイルでは難しいかもしれません。
 最後のカードでエドゥを投入出来れば、守りきれのメッセージになりますが、タサでは攻めきれのメッセージとも取れるのが。
 ただ、この試合で鬼木さんが戦術的にカードが切れなかったので、仕方ないかもしれません。
 ネットは不安定さとカード貰ってた事で外すしかなく、大塚と三好は足を攣らせての交代なので。

 後半に森谷が入って攻撃が活性化しましたが、畳みかけての駄目押し点が取れなかったのは、フィニッシュの精度不足でしょう。
 ユウを活かせるFWがいれば。
IMG_3229.jpg

 試合終了後にブーイングが出ましたが、気持ちは判るものの後半の2ゴールを上げた攻撃を見ると、そこまで酷い試合では無かったと思います。
IMG_3232.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】勝ちきれず アウェー札幌戦(△1-1)

 順位は下ながら、ホームでは結果を出している札幌。
 トックン、フク、雄大、ヨコと元川崎4人がスタメンに並んでいました。
 これでイナがいたらどうなっていたやら。
 トックンにはまたもお礼参りされるし。

 この試合はDAZNの配信で見ましたが、何度も画面が消えたり止まったりと、通しで見れませんでしたので、簡単に感想など。

 この試合で阿部がベンチに戻ってきました。
 他のけが人も武岡は全体メニューに戻ってきたそうなので、次節くらいにはベンチがあるかもしれません。
 この試合ではケンゴをボランチに置きましたが、やはり前線から遠い所からだと厳しいなと思いました。
 フリーマン的にあちこちに顔を出してましたが、中盤をリョータが押さえていてのフリーマンなので、板倉をボランチに置いても良かったかもしれません。

 札幌は守備がしっかりしているので、長谷川の仕掛けもいま一つ不発でした。
 阿部との交代は妥当でしたが、阿部自体も試合感覚が怪しくゲームに入りきれていないように見えました。
 DAZNの実況はパスワークについて色々取り上げてましたが、昨季よりパス数自体は減っている様に思えます。
 綺麗に通らないのを見越してパスを出さないのもありますし、川崎の攻撃の肝になるリョータとケンゴのパス交換が無くなれば、こんな感じだろうかと。

 得点になったPKは、ケンゴのエリア内での突破をフクが倒しての事でしたが、画像を見る限りよく取ったと思います。
 ファールを取らない主審もいる様な倒れ方でしたし、フクには酷なジャッジでした。
 PKをユウが決めて先制しましたが、どっちに蹴るかはGKに読まれてた様で、もう少しコースが甘かったら止められてました。
 このシーン以外に決定的なところが見れなかったのは、フィニッシュを決めるのは誰かと言うのが見えないからでしょうか。
 ユウが決めるのであればゴール前の仕事に専念してほしいところですが、実際はあっちこっちに顔を出しているので、その上でゴール前にも居ろと言うのも無理があります。
 長谷川とノボリも決定的な仕事に絡んでこないので、CF不在が悪い方に作用している様に思えます。

 この試合で中央からの仕掛けをしてたのはハイネルとネットでしたが、どちらかのシュートが決まっていればと思いつつも、コースを切られてのミドルは可能性が低いです。
 崩しが効いていればこそ、意表をついたミドルが威力を発揮するものです。

 終盤に森谷が投入されましたが、この意味がいま一つ判りませんでした。
 森谷に中でボールを受けて出してをやらせるにしても、リズムを作る時間はありませんでしたし。
 それだけ、この状況にベンチに入ったFWがあてにならないと鬼木さんが判断していたとしたら、それも困った事ですが。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】ハイネルの存在感  ACL GL-4 広州戦(△0-0)

IMG_2949.jpg

 ACLグループステージも後半戦。
 平日開催なので、例によって仕事終わりに等々力にKO前に駆け込み。
 しかし、天気予報はにわか雨だったのに、なんで暴風雨になるんだか。
 かなり試合に影響を与える事となりましたが、ホームの利を活かして勝ちたかったところです。

 KO時にエリアが逆だったのは、強風を味方につけたいと言った所でしょうか。
 風上にいた側が優位に進められた試合だったので、良い読みだったと思いますが、
果たして川崎と広州のどちらが選択したのか?
IMG_2959.jpg
ケンゴ不在の前半のキッカーはネットが。 良いキックをしてました。 ケンゴがいる時もお願いした所ですが、あの高さを活かした方がいいのかもしれません。

 前半、川崎が風下になったので押し込まれましたが、アウェー広州戦の時のような目茶苦茶やられまくる感じではありませんでした。
 気温も予想外に下がった事で、温暖な広州との差が出たのかもしれませんが、明らかに広州の動きは鈍くなってました。

 前半ノーチャンスだったわけでも無いのですが、強風で前線にボールが納まらず森本もかなり苦労しているようでした。
 その分守備で頑張ってくれましたが、やはりトップに入るなら相手との競り合いで納めるだけでなく、味方にセカンドボールを拾わせる部分を見せてほしかったなと思います。

 予想外と言えば、板倉の出来もかなり怖かったです。
 昨季の天皇杯浦和戦の様に、相手に強くプレスを掛けてこない所ならまだしも、しっかりプレスを掛けに来る相手だと後手に回ったり判断が拙かったりと、良い所を見せられませんでした。
 ネットとの関係もいま一つしっくり来てませんでしたので、前半だけでケンゴとの交代は予定通りだったのでしょうが、適切な処置でした。

 後半、風上に立ってからケンゴが入ってゲームコントロールと、ノボリが左サイドを突破していく様になって、川崎が主導権を握れるようになりました。
 広州の足が止まり始めた様に見えましたが、90分通して戦えないのが今季の広州らしいので、恐らくこの試合も前半の攻勢でネタ切れになったのかもしれません。

 ケンゴとリョータのいない川崎がどう戦うのか?を見せたのが、この試合の前半だと思います。
 ボールを繋ぐ事に執着せずにポンポンと前に蹴っていく、縦に速いサッカーがベースにあったように思えます。
 どちらかと言うと町田のようなサッカーに近いなと。
 流石にあそこまで前に出す事に執着してませんでしたが。

 そんなサッカーにアクセントをつけたのがハイネルのドリブル突破でしょう。
 中央でどんどんドリブルで突破していくのを見ると、チーム事情でリーグ戦ではサイドをやって貰ってますが、中で使うのが適正なんだなと判ります。
 ただ、ハイネルが仕掛けているときに前の選手が呼応しないシーンが多くて、そこでノッキングしてしまうのは、どうしたものかと。
 サイドに一旦預けてのワンツーとか、ユウや長谷川がタイミングを合わせての裏抜けとかが無いと、ゴールは遠いように思えます。
IMG_2967.jpg

 ACLのグループステージで4連続ドロー。
 広州とホーム&アウェーでアウェーゴールを取ったドローは価値がありますが、それだけに香港を落としたのが効いてきました。
 次節のアウェー水原戦を勝てないと終戦ですが、そこまでに上手く回らない攻撃を建て直せるか。
IMG_3017.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】ホーム甲府戦 スタジアムの外

IMG_5495.jpg
 等々力は桜が満開に。

IMG_5479.jpg
 今回も酔仙がお店を開いてました。 今回も1本お買い上げ。

IMG_5480.jpg
 牡蠣のお吸い物。 前回蒸し牡蠣を頂いてたので。

IMG_5476.jpg
 甲府の名物、ほうとうのお店もオープン。 小瀬で塩ちゃんこやってるのでそのお返しか。

IMG_5487.jpg
 ピコリーノ。

IMG_5485.jpg
 あ!っと言う間に牡蠣殻の山が。

IMG_5484.jpg
 次は買ってみようか。

IMG_5483.jpg
 太鼓のパフォーマンス。

IMG_5498.jpg
 美味しそうな匂いに誘われて…。

IMG_5499.jpg
 一人前お買い上げ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】ホーム甲府戦 スタジアム内の画像 

IMG_2821.jpg
 甲府戦で色々撮った中から。

IMG_2822.jpg
 本日の奇麗なお姉さん。

IMG_2845.jpg
 試合前の記念撮影。

IMG_2878.jpg
 この試合話題のドローン。

IMG_2888.jpg
 右SBのポジションで駆け上がるノボリ。

IMG_2891.jpg
 ドリブルで相手を剥がしていくハイネル。

IMG_2907.jpg
 森谷のCK. 決まっていれば…。

IMG_2910.jpg
 負傷交代のソンリョン。

IMG_2934.jpg
 奈良が決めた!

IMG_2940.jpg
 最後に追いつきドロー。

IMG_2945.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】堅陣を崩せず   ホーム甲府戦(△1-1)

 負けなくて良かったと思うか、良く追いついたと思うか、難しい試合でした。

 この試合も3バックから入りましたが、甲府の堅陣に手を焼き、ノボリを右に回して4バックとして攻め込みましたが、GKが当たってた事もあって最後を崩しきれませんでした。

・試合の流れ

 この試合のポイントはやはりソンリョンの負傷交代でしょうか。
 あの中断時間で流れが変わったように思えます。
 本来なら攻撃的に切りたかったカードを新井投入に使ってしまいましたから。
 もちろん、失点シーンは新井には責任はありません。
 ボールをあのタイミングで三好が失って、奈良がフォローしきれなかった所はありますが。

・堅さの違い

 攻め込みながらフィニッシュまで行けないシーンは何度もありましたし、堅陣を崩すのに必要な揺さぶりに不足してたのかなと。
 甲府の戦い方は、ベースこそ昨季の「カイナチオ」にありますが、ラインを低く引いてゾーンで守っていたのが、マンツーマンでボールホルダーにプレスを掛けられる様なマークの受け渡しをしながら4-4のブロックは崩さない、そんな形に吉田さんが手を加えてきました。
 吉田さんとは相性が悪いのは柏/新潟で証明済みですが、甲府でも手を焼く事になるとは。
 まだ狭いエリアでの細かいパスまわしまでは行っていませんが、ロングボール一辺倒の攻撃からはバリエーションを増やそうとしています。
 これだとアウェーで小瀬に行くときには、どんなサッカーをやっている事になるか、ちょっと怖いです。

・ボランチとしての森谷

 リョータの代役は予想通り森谷。
 出来は良かったと思います。
 出来る事はすべてやっているし守備も頑張っている。
 ただ、それでも「適材適所」とは言えない。
 甲府戦について言えば、ボランチの守備強度はそれほど高くないので、ケンゴを一段落としてトップ下にハイネルとして右WBに森谷の方が、みな光ったと思います。
 もしかするとFWで使ったら面白いかもしれません。

 森谷がいる時のメリットはキッカーが増える事。
 後半CKを森谷が蹴りましたが、一番可能性を感じました。
 ケンゴのふわっとした山なりのキックと森谷の速く低いキックを組み合わせて使えると、セットプレーにかなり可能性を感じます。

・三好の存在感

 後半終盤に投入されましたが、全く良いところが無く。
 失点のきっかけを作ってしまうくらいですし。
 このところ結果が出ていない事で焦りがあるのかは判りませんが、強気で攻めるところと妙に弱気にパスを出すところが入り交じっている感じです。

・知念ホームデビュー

 ギアを一段上げる役割を果たせたか?と言うと難しい所です。
 森本や大塚を差し置いて投入されるのは、新人の育成以外に求められる結果がある訳で、どんな指示を受けて入ったかは判りませんが、試合に絡んだ感じがあまりなく残念なホームデビューになりました。

 けが人の事を思うと、負けなくて良かった結果でした。
 ただターンオーバーできる状況では無いので、選手の疲労がたまって行った時にどうなるか。
 それまでにどれだけけが人が戻ってくるか。
 ACL、捨てる事を考えた方が良いかもしれません。



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】リフレッシュ   アウェー仙台戦(○0-2)

 この試合はDAZNの見逃し配信で観戦しました。
 同じ時間帯で町田-岐阜戦が野津田であったのでそちらに参戦していたもので。
 岐阜戦の最中、モバフロはハーフタイムコメントしかこなかったので、てっきりスコアレスかと思いきや、2-0で勝ってたとは帰りがけのバスの中でTwetter見て知りました。
 最近のモバフロの当てにならなさ感は半端無いです。
 この日に来たのは仙台のスタメン通知とハーフタイムコメントのみ。
 docomoのメアドだから駄目なんだとしたら、G-mailかスポンサー様のniftyアカウントにしたら改善されるのだろうか?

 試合を見ていて、2週間のインターバルでしっかりリフレッシュ出来てたなと感じました。
 タマシコの疲労感を感じる動きとはまるで違っていました。
 タサが離脱で右SBが全滅となりましたが、投入できるCB3人で3バックに変更する事で対応。
 右WBにハイネルを割り当てましたが、連携を詰める時間が取れた事でかなり良い形が出来ていました。

・右WBとしてのハイネル

 仙台の左SHに入ったリャンがいま一つ守備に入れていなかった事もあって、ハイネルの上下動に抑止しきれず、ユウとのコンビネーションで右の崩しが見られました。
 2点はどちらも同じ様にハイネル→ユウでゴール前にクロスでした。
 ハイネル本来のポジションでは無いと思いますが、パスとドリブルをいい感じでミックスして攻めに回っていましたし、守備もWBとしては頑張ってたと思います。
 当初はなかなか出さなかったドリブルも、個の力で打開するのに使っていて見ていて面白い感じで切り込んで行っています。
 ゴールが取れたら、また一味違ってくるかなと思いますがどうでしょうか。

 ただ、ハイネルが右WBにいると、ノボリがバランスをとるのかちょっと下がり気味な位置にいるのはもう少し詰める事になりそうです。
 両方上がってその裏を突かれるのは悪夢ですけれど。

・長谷川の適正位置

 この試合を見ていてもユウを右ウィングに置くなら1トップは長谷川でしょうか。
 相手最終ラインにプレスを掛け続ける事で、相手を押し下げる事とユウが裏に抜けるスペースが確保できます。
 ポストプレイを求められない川崎なら、体格はあまり重視されませんから。
 逆に言えば森本や知念は体格+αを求められる訳です。

・リョータの離脱

 画面を見ている限りでは、誰かと接触したとかそんな感じではなかったのですが、意外と重症でした。
 2週間の中断期間でリフレッシュ出来てたと思いますが、逆に動ける事が悪さしてしまったのでしょうか。
 外れたら困るセンターラインの一人なだけに、不在時をどう回していくかです。





にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR