【川崎】悪い意味で期待は裏切られず  ホーム磐田戦(●2-5)

IMG_5260.jpg
IMG_5935.jpg

 バケツの底が抜けたってのはこんな感じなんだろうなって豪雨になりました。
 幸い雷は無かったので試合は出来ましたが、等々力でここまで降ったのはちょっと記憶に無いです。
 あの試合中止になった鹿島戦でもここまで降ったかなと。
 あれだけ長い時間豪雨になったのに、水しぶきが全く上がらない等々力のピッチのバケモノ感がハンパ無い。

IMG_5936.jpg
 なんと言うかフロンティアーズが来ると勝率が悪い気が

 試合はというと、思った通り中断明けとかで間隔が空くとすっかりぬるくなる、いつもの癖は相変わらず。
 しかも年イチの5失点も継続と。

 守備崩壊~問題を抱えている相手との連戦から、今Jで最も固い守備を見せる、アウェー対戦で手を焼いた磐田相手ですから、上手く回らないのは覚悟してましたが、奪われたボールを最速で前に出されてスピードと強さのある前線が納めてカウンターでかなりやられました。
 ボールの奪われ方が軽いのは、ピッチを気にして慎重に緩いパスになってしまったせいだけでも無い気がします。

 この試合のポイントは2失点目でしょう。
 先制されて即ネットのゴールで追いついた後の失点ですが、ここを押さえて前半を同点で終わらせられれば、後半に無理攻めする必要もなかった筈です。
 CKで恐らく俊輔が合図してショートコーナーの振りに引っかかって反応したところに、ファーでピンポイントで合わせられた、俊輔にしてやられた失点になりました。
 俊輔にすれば、引っかからなければショートにして揺さぶってもそのまま蹴り込んでもいい場面でしたし。
 CKを磐田の1に対して11も打ってるのに、全くゴールの匂いがしないのは、キッカーの資質の問題なんでしょうか。

 そして2点差になった後半に、鬼木さんは2枚替えで局面打開の手を打ちましたが、替えた家永と森谷のチョイスは悪くなかったですが、交代直後で落ち着かないポジションが2つ出来たところを攻められました。
 勝負を掛けた以上負うべきリスクでしたが、賭は裏目に。
 2枚でこれだけハイリスクですから、3枚替えなんて博打にもなってないので、ミシャ解任も仕方がないところです。

 最後に気になったのはユウのキャプテンシー。
 エウシーニョにカードがでたところ、真っ先に村上さんの所に抗議しにいったのはケンゴ。
 ユウは回りが落ち着いたあたりでやっと現場に。
 シュートまで行けずシュートに持ち込んでもゴールを取れないポンコツな日でしたが、自分のプレーが上手く行かなくて一杯一杯でも、真っ先に駆けつけるのがキャプテンマーク巻いている選手の仕事でしょう。
 今の状態だと、結局はケンゴのチームで変わってないって事にならないだろうかと。

IMG_5303.jpg
市制記念試合のお約束、ハーフタイムの秀樹のYMCAの時は雨が弱まりました。

IMG_5310.jpg
傘を差して踊るブロンディ。 ビッグフラッグ制作費が余ったらポンチョを作ってやって欲しいけど。

IMG_5331.jpg
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】順当に勝ち上がり 天皇杯3回戦 群馬戦(○0-4)

 3回戦は下位カテゴリーのホームで開催と言う事で、正田醤油スタでの試合となりました。
 ここでやった経験があるのって、スタメン・ベンチメンバーだと家長と森本位ですか。
 初めてのスタジアムで更に途中の豪雨でコンディションがどんどん変わる、ちょっと難しい状況ではありましたが、順当に勝ち上がる事ができました。

 群馬は土曜に野津田で見ましたが、町田戦のスタメンでスタートしていたら、もうちょっと違ったかもしれませんが、結果は変わらなかったでしょう
 前線からプレスを掛けたときに、町田は同じ様に前にプレスを掛けて奪ったら前に出すスタイルで来るので、奪う場所は低くても何とか前に出せれば最終ラインを下げさせる事が出来ます。
 ただ、川崎の場合はプレスを掛けてもパスで剥がされて空けたスペースを使われるので、押し込もうとしても上手くいかず、川崎に押し込まれたときにゴール前を固めはするものの、ボールホルダーへのチェックが甘いので、容易にパスを通されてと、前に出るのを徹底するのかゴール前を固めてロングカウンターに活路を見いだすのか、どちらかにしていればと思ったのですが。
 そんな状況だったので、怖かったのは良い位置でFKを与えて、そこで崇文に決められるシーンくらいでしたが、ファールで止める様なシーンはほとんど無かったので杞憂で終わりました。

・仕事をした選手たち

 鳥栖戦から大幅に選手を入れ替え、ネットとタニのみ連戦。
 車屋とエドゥはベンチにも入らず、ユウや阿部もベンチとターンオーバーでしたが良い仕事が出来ていたと思います。
 むしろ、この試合にベンチに入らなかった選手たちが心配になるところ。
 鳥栖戦に出てた三好はともかく、狩野や大塚が入ってないのは一体?

・森本の先制

 試合後のインタビューで、森谷とは練習でやっている形だから的な事を言っていましたが、これが試合に出れない要因なのかなと言う気がしました。
 森谷が良く見ていて絶妙なパスを入れましたが、森本の欲しいタイミングがどこか、スタメンの選手たちとちゃんと共通意識が出来ていないんじゃないか?と。
 ヨシトの様にしつこいくらいにアピールをしていたのと同じ様にやる事は無いと思いますが、アピールが足りているんだろうかと。

・森谷のゴラッソ

 リーグ戦で見たかったゴールでした。
 プレスを掛けにこないのを見てコースを見つけて正確に打ち込む。
 森本へのパスもですが、技術の高さを見せてくれました。
 CKも蹴っていましたが、ケンゴのふわっとしたボールと違って、ターゲットの選手の頭上にスッと落ちてくるのは、見ていて面白いです。

・貫祿のタサ

 平常運転ですね。
 右SBでの出場でしたが、攻撃的に行ける場所で真価を発揮します。
 エウシーニョ復帰でベンチメンバーとなりましたが、どこで出ても計算がたつ選手がベンチにいるのは大きいです。

・久々にハイネル

 エドゥ復帰で外国人枠の関係で外れましたが、試合感は怪しかったものの、2点目3点目に絡むプレーは流石です。
 シュートは枠を外してたのは残念ですが。

・吠える家長

 川崎初ゴールは意外にもCKを頭で決めてとなりました。
 ここで決められて良かったです。
 ここで決まらないと船山化しそうでしたので。
 この試合のコントロールを果たしていたので、ケンゴとの共存は十分行けますね。
 怪我で出遅れてたものの、やっと良い形が出来てきました。
 ゴールを決めて吠えるキャラだっけ?と思いましたが、色々と大変なシーズンになっていたので結果が出た事で来るものがあったのでしょう。
 試合後の高木さんのインタビューのときは、すっかりクールモードに戻ってましたけれど。

 勝って中断期間を迎える事になりました。
 天皇杯の4回戦以降の組み合わせは8/7に決まるそうですが、くじ運が良ければ。
 とか言ってると筑波を引き当てそうで怖いです。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】悪くなかった前半   アウェー鳥栖戦(○2-3)

 DAZNの見逃し配信で確認しましたが、前半は不可解なPKからリズムが崩れたものの、決して悪い試合運びでは無かったと思います。

 家長はサイドに流れる機会が多く、阿部がバランスをとるのに中央から降りてくる、上手く回らない時のヨシトみたいな役回りになってたのと、三好の試合の流れに合わせた動きがあまりなくて、車屋が上がって裏を空けるのが怖いからいま一つ左サイドが機能仕切れてなかったところはありました。
 車屋が上がれたところは阿部が左に流れてきた時だったので、三好を中に入れる方が良かったかもしれません。

 PKに関しては完全に誤審と思います。
 カードもレッドにならなかったのはちょっと解せないところではありますが。

 後半、鬼木さんはケンゴとノボリの2枚替えで勝ちに行くことを示しましたが、鳥栖側もケンゴ投入は読んでいた様ですが、ノボリと2枚替えまでは読みきれてなかった様です。
 特に鳥栖の小野が言うようにノボリが外に開いたり中に切り込んでくるのに合わせて車屋が動く事を、鳥栖の守備陣が押さえきれて無かったのは地味に効いてた様です。
 ファーストディフェンダーと車屋の上がった裏をケアをこなす役回りをやるなら三好よりノボリですので、この交代で左サイドが活性化したのがひっくり返す事が出来た要因でしょう。

 三好はちょっとどう扱ったらいいか悩むところですが、家長に関してはサイドの状況を見ながらトップ位置の阿部やユウに近い位置に居てくれれば、かなり状況は改善するんじゃないかと。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】付け焼き刃を盾で粉砕 ホーム浦和戦(○4-1)

IMG_4813.jpg

 時間も経ってしまったので簡単に。

 新しい矛盾決戦とか言われてましたが、付け焼き刃の矛を盾で殴り倒した試合になりました。

  ただ、神戸と同様に相手が悪すぎた事を差し引くべきかもしれません。

 川崎戦に新布陣の4バックで来ると言われたので、てっきり長年用意してきた秘密兵器なのかと思いきや、ほぼ一夜漬けの様なレベルでした。
 中三日しかない時は大抵リカバリだけで選手の調子を見ながらスタメンを替えるものですが、そこでフォーメーション変更を入れてくるって、ある意味凄いと言うか、舐めてるだろと怒るべきと言うか。
 案の定、3バックの守り方しか知らない遠藤と槙野のCBコンビは隙だらけで、遠藤は3失点に絡む羽目に。
 ユウも阿部も同じ形でゴールを決めましたが、間に入り込まれた時の遠藤と槙野の約束事が怪しい所をつけ込めました。
 あれなら阿部と那須の2バックの方がよっぽど厄介です。
 最終ラインがユウと阿部を捕まえられないのと同様に、トップ下柏木、アンカー阿倍の横のスペースは使いまくり、柏木はネットとリョータを捕まえきれず、阿部は前の4人すべてを見切れないのでケンゴのマークに行くのみ。
 両サイドも4バックの時と3バックの時の動きの違いに体が付いてこれないのか、川崎のサイドをどうしたいのかが判らず。
 森脇が記事で崩されきったとは思えないと言ってましたが、崩す以前に川崎の動きに付いてこれてなかっただろうに。

 流石のミシャも諦めたのか後半開始から3バックに戻し、前がかりになってCKで槙野が押し込んで1点返しましたが、ソンリョンのビッグセーブで勢いを削ぐ事が出来、元々守備に不安のあるフォメで同点を狙って前に出て行けば、後ろは広大な空間が空く訳で3点目も4点目もそこを使われる事に。
 どちらも家長が良い判断で起点となってくれたのを活かした形で奪えました。

 昨季から大幅な選手流出があった訳でないのに、こうも変わってしまうのを見ると、本当にサッカーって怖いなと感じます。
IMG_5868.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】今北産業   アウェー鳥栖戦(○2-3)

 野津田の試合が終わってチェックしたら鳥栖が2点リードになってたので(;_;)、
 流石に中二日は厳しかったかと思いながら、
 何故かメインスタンドのゲートあたりをビブス付けたままフラフラ歩いてたヤザーさんに「お疲れさまでした!(^∇^)ノ」と声を掛けてスクーターで自宅に帰って来たら…。

 川崎勝ってた(。Д゚; 三 ;゚Д゚)。

 何が起きたんでしょうか。

 とりあえず、祝杯あげてもよかですか?( ^_^)/□☆□\(^_^ )

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

 

【川崎】気持ちよく勝つ   ホーム神戸戦(○5-0)

IMG_4665.jpg

 結果から見れば「快勝!!ヾ(o´∀`o)ノ」と言える結果です。

 ただ、あまりにも神戸の出来が悪すぎです。
 毎試合誰かしら離脱の怪我人続出でスタメンの半数が離脱とか、一時期の川崎の様な野戦病院状態になり、さしものネルシーニョもスタメン決めて試合に出すのが精一杯で、対戦相手の長所を消すどころか基本戦術も怪しい感じでした。
 あれじゃ、高橋の全体合流即スタメンってのも仕方ないですね。
 若手の台頭のチャンスと言っても、出てきた若手をフォローする主力クラスがいてこそ若手も伸びるのですから、中断期間までにどれだけの怪我人が帰ってくるかですね。
 特に守備の約束事があまりにも無く、一体感が無いのでユウや阿部は裏抜け仕掛け放題、ノボリはサイドからえぐってクロス、エウシーニョもガンガン上がると、ほぼ川崎のやりたい放題。
 ユウだけでも2回は外してますし、前半で終わっててもおかしくなかったです。
 神戸の決定機って、ソンリョンが弾き出した序盤の枠内シュートとTJが1対1をふかした場面くらいでしょうか。

IMG_4716.jpg

 川崎の方は、ユウと阿部のコンビネーションがかなり良くなってきました。
 神戸が緩かったのもありますが、お互いの動きをきちんと認識してやれているように見えます。
 1点目、裏抜けしてボールを貰ってGKと1対1になったユウが、そのまま打つかと思っていたら、目一杯寄せての横パス。
 神戸の守備陣の意識から外れてフリーになってた阿部が流し込みだけで終わり。
 あのプレーを見ただけで、実戦を経て攻撃が熟成してきている感じを受けました。
 どっちかを押さえてももう一人が裏に抜けてくるし、ケンゴからのパスだけでなく、ノボリのえぐってからクロスもありと、押し込まれたらどんどん仕掛けられます。
 この試合ではノボリと車屋の左サイドで作って、右から仕留めに行く形が楽しかったですね。

 まだ浦和との試合は残ってますが17節が終わってシーズン折り返しに。
 後半はACL、ルヴァンのノックアウトステージ、天皇杯と更に日程は厳しくなりますが、上手く乗り切ってほしいところです。
 
IMG_4794.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】R16突破 ACL R16第2戦 ホームムアントン戦(○4-1)


 アウェーゴール3を上げて2点差勝利でおりかえしたラウンド16。
 鹿島や浦和がアウェーでやられて帰って来た事を思うと、かなり優位な状況でホームの対戦となりましたが、こんな優位な状況に限ってやらかすのがお家芸だけに不安も多少は持って等々力へ。
 平日開催の常でKO直前に入場。
 いつもよりホームAとの境目に近い方になりましたが、2階最前列を確保。

 コイントスでユウが負けたのか?コートチェンジしてからキックオフ。
 結果として3ゴールを間近で見れたのでありがたかったです。
IMG_4291.jpg

 2点ビハインドのムアントンが序盤からガンガン前に出てくるかと思ったら、しっかりとブロックを組んで川崎を待ち構える戦術。
 前に出てパスを繋がれるよりは、密度の高い守備ブロックでパスをかっさらってのカウンターの方が確度が高いと言う判断なのでしょうか。
 川崎も相手の意外な?対応を怪しんでか、いま一つ攻めに入らなかったですが、しっかりとボールを保持してじっくり攻めてました。

 今回の席から見ていると、ゴール前にがっちり鍵をかけてるムアントンのフォーメーションがよく判りました。
 ユニのデザインも含めてどこかで見たような?と考えていたら、ギドが指揮を取ってた時代のリーグタイトルを取った堅守速攻の浦和ですね。
 2006年仕様の浦和対2017年仕様の川崎と言った風情でした。

 シッカリ守備を固めたものの、ボールを回して崩して決定機は作れてました。
 4点より取れたと思いますが、まずは勝つ事が大事なノックアウトステージなので、相手にゴールを与えずにリードを守る事の優先順位が高かった様です。
 それだけに奈良がぎりぎりライン上でシュートを掻き出したり、マークがずれたのかセットプレーで1失点といった所は、この先に進むと見逃してくれないので、要注意です。

 2戦目の点差を付けての勝利が絶対条件だった鹿島・浦和と比べて、主体的にボールを握り続ければ勝ち上がれる条件をシッカリと活かし、阿部とケンゴを途中交代で休ませた上に、狩野のボランチテストも出来たのは、上出来でした。
IMG_4378.jpg

 次は準々決勝。
 東アジアは中国2、日本2となりましたが、果して次の相手はどこに?
 浦和と当たってつぶし合いってのは避けたいところですが、向こうもフッキのいる上海と広州のつぶし合いになる訳だし。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】先勝  ACL R16第1戦 アウェームアントン戦(○1-3)

 決勝トーナメントに進んでからが本当のACLの始まり。
 お互いにGL1位通過したので鹿島との3連戦は無くなり、ラウンド16の相手はタイのムアントン。

 現地の気候を味方にされて前半はかなり押し込まれました。
 スピードとパスワークの速さはJでも中々無いレベルに見えました。
 こちらは金曜に気の抜けないアウェー鹿島戦をやって、中三日で酷暑の遠地アウェー。
 それでもなんとか押さえ込んでいましたが、前半ATに失点。
 最終ラインがラインを上げられれば前を向くスペースを消せたはずですが、あのシーンについてはボールを入れられる所で中盤がプレスを掛けられれば、最終ラインが対応する余裕が出来たのではと思います。
 途中に給水タイムがあったとはいえ、疲労から一瞬反応できなかったのかなと。

 ただしムアントンも日程が厳しかった事と、前半に川崎のボール回しについて行った事で足が止まるのはかなり早かったです。
 この時点でユウとリョータを入れて更に攻撃に厚みを増せたので、同点からは早かったですね。

 一気に3点取った事で終盤はかなり余裕を持って対応できていました。
 本当なら3枚目のカードはクリーンシートで終わらせる為に使うはずだったと思いますが、リョータの負傷交代で使ってしまったので、恐らく交代するはずだったケンゴが最後までやる事になったのは誤算だったと思います。

 点差こそ2点差ですが、アウェーゴール3を奪って帰れたのは等々力で優位に戦えます。

 気になった点としては、本来なら使わないで済ませたかったユウとリョータを投入した事でしょうか。
 リョータは恐らく時間が掛かりますし、ユウも痛めた足が完治している訳ではないので。
 森本は最前線からの守備は頑張ってくれましたが、トップでボールを納められないと中盤からの押し上げが出来ないので、使い方が難しいです。
 ハイネルもちょっと今は自分中心になってきている様なので、上手く味方を使う形に戻ってもらいたいところです。


 第1戦を終えて勝ったのは川崎のみ。
 第2戦を戦うのにベスト8のプレッシャーが掛からなければ良いなと思っていますが、どうなりますか。





にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】電光石火のカウンター  アウェー鹿島戦(○0-3)

 昨季のCS、元旦の天皇杯決勝と、肝心なところで敗北した相手、鹿島との対戦はACLの関係で金曜夜となりました。
 車以外での参戦は事実上不可能な時間のKOだけに、参戦したサポさんも少なかったのは残念でした。
 ま、地元比率の低いあちらも集客は今二つと言った感じでしたが。
 そのかわり、川崎HUBは多数のお客さんで賑わった様です。
 他に試合が無かったせいか、DAZNのライブも快調だった様ですので、自宅観戦のサポさんもいらつきは無かったのでは?

 この試合、鹿島の様子がちょっとおかしかったです。
 植田とレオ・シルバを欠いて金崎もベンチ。
 それだけならまだ判るのですが、全体的に動きが重く球際もいま一つ。
 この日の主審の東城さんが、まるでどこのプレミアだよ?と接触プレーでは全くと言っても良いほど笛を吹かない事もあって、ファールで止める事も出来ず。
 逆に対人に強みのある武岡はガツガツと行けてたのとは対照的でした。
 それでもしっかりサイドから攻める形は出来てましたので、序盤の鈴木のヘッドが決まってたら試合展開はかなり変わったものになった筈です。
 実際、かなり攻め込まれてシュートも打たれましたが、しぶとく対応した上にソンリョンのビッグセーブのクリーンシート。
 主力を欠いてもこれだけのサッカーをやってくるんですから、鹿島は侮れません。

 先制点はソンリョンのビッグセーブから、車屋を経由して長谷川がシュート。
 あれを弾くクォンも流石ですが、走り込んでた阿部がシッカリ決めてくれました。
 こんな高速カウンターを見るのは、久々じゃないかと思います。
 川崎と言えば高速カウンターって時代もありましたが、自分たちで主導権を握るサッカーやってるとカウンターの比率は下がりますけれど、武器として持っている事を示せれば相手はその幻影を意識してくれる。

 交代でノボリが長谷川に代わって入りましたが、プレーがかなり変わりましたね。
 今まではライン一杯を上がって相手につかれて苦しくなった所で精度の低いクロスを上げる感じだったのが、積極的に中に切れ込むようにPA内に侵入して来る。
 長谷川の様な動きをしている感じでした。
 3点目は車屋からのボールを阿部が中で潰れて、ファーからフリーになったノボリが流し込む様に丁寧に打ち込んで決めました。
 記録では3年ぶりのゴールとなりましたが、途中2年は怪我で棒に振ってただけに、このゴールで勢いを付けてくれればと思います。

 同じACLのノックアウトステージを戦う鹿島相手に完勝。
 いい勝ち方をしてタイに向かう事ができる、弾みがつく勝利でした。





にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】今季初連勝  アウェー磐田戦(○0-2)

 中距離アウェーのヤマハスタジアム。
 同じ静岡なのに清水のアイスタより更に100キロは遠いので、車で行くのは結構疲れる場所です。

 ホーム新潟戦をクリーンシートで勝ち、ミッドウィークのホーム東方SC戦もクリーンシート。
 しかも相手もミッドウィークにルヴァン杯で静岡ダービーをやっていて、主力温存はしただろうけれど日程的にはハンデ無し。
 かなり良い条件での対戦となりました。
 今まで惨敗のF東もセレッソも、ACLアウェーが挟まって疲労が溜まった事は無視できませんし。

 この試合で武岡がスタメンに復帰。
 武岡が戻った事で、タサを中盤でギアを上げるカードに使える様になったので、三好と板倉をU-20に出していても戦力的に厚みがでました。
 当然、タサもスタメンを狙っているでしょうから、良い意味で競争が発生しますし。
 前半はちょっと怪しい所がありましたが、後半は結構攻め上がって、中に切り込んで来たりと、試合感も大分戻った様でした。

 とは言え、磐田も負け無しで来ており、それが守備が機能しての事なので、かなり厄介でした。
 森下が絶好調で最終ラインをがっちりと閉め、そこを抜いてもGKカミンスキーがいる。
 いいGKがいると容易にゴールは生まれないのは、ソンリョンを見ていれば理解できますが。
 そんな磐田のゴールをこじ開けるのに、サイドから攻めて相手を動かして中央を薄くした所から攻める形が出来てました。
 阿部の先制点もユウが右から入れたクロスに抜け出して決めたものですし、ハイネルから交代で入った長谷川も左サイドを攻め上がって攻撃が出来ていたので、追加点もこの形で行くかと思いましたが、流石に何度も引っかかってくれませんでした。

 そんな守備的な磐田の攻撃を活性化させてるのが俊輔。
 彼一人が中盤を自由に動き回る事で空いた穴を他の選手に使わせる。
 そして前線の川又へロングボールを当てて来る。
 川又をエドゥがマークして潰していましたが、良い形でボールが入ると一転ピンチになるだけに厄介な存在でした。
 ただ、俊輔の攻撃パターン自体は鞠時代ほど多くなく、まだ磐田に俊輔を組み込む途中の様でした。
 次にあたるときは、もっと攻撃に厚みができていそうです。




にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR