【町田】復帰初ゴール   ホーム横浜FC戦(○1-0)

 前節ヴェルディに快勝して連敗を止めた後の大事な試合。
 ここで負けたら流石にずるずると行きそうになるので、勝って調子を上向きに持っていきたいところです。

 前節休んでいた相馬さんが復帰。 大事に至ってなくて何よりです。
 以前に川崎で関さんが倒れたときは、ヘッドコーチだったツトさんがシーズンの残り試合の指揮を取る様な状況になりましたし。

 そして孝司がスタメン復帰。
 ヴェルディ戦で問題ない事を実証してのスタメンですので期待していましたが、開始2分で結果を出すところはやっぱり持ってるなと。
 左サイドを攻略して角度の無いところから強く撃った森村のシュートをGKが弾いた先に孝司。
 ファーに詰めていたところに、ボールがこぼれてきた感じでしたが、しっかりと流し込んでくれました。
 このところ先制点が取れなかっただけに、時間が早かった気はしますが楽に試合展開できるようになりました。
 そりゃ追っかけるよりはましです。

 意外だったのは、今季の横浜のプレーがかなりガツガツと来るという事。
 球際を激しくと言ったところでしょうが、ありゃ肉弾戦ですね。
 そうなったのは中盤を厚くした3-6-1みたいなフォメで、町田を左右に振り回すような事がやりにくかったのかなと。
 後半はフォメーションを替えて幅を取るような感じになってから、サイドから押し込むようなシーンが増えましたが、上手くいなせたと思います。
 追加点を取って、早く試合を決められなかったのは残念ですが、こういう最後まで緊迫感をもった試合もありかと。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】逆転勝ち   アウェー東京V戦(○1-4)

 3連敗の上、守備の要の深津が有休、ロメロは負傷でベンチ外、そして相馬さんがまさかの欠席。
 村主ヘッドコーチが代行しましたが、J3時代から連続出場していた高原をベンチスタートにと流れを変えようとしているように見えました。
 多分相馬さんとは相談済みでのスタメンだったと思いますが、この状況でリーグ戦初スタメンの福井にゴールマウスを託すってかなり博打だったかなと。

 試合展開はヴェルディも他と同じ様に左右に広げて振り回す戦術をとってきて、失点も同じ様にロングフィードを入れられて振られたところで中央を突破されてやられました。
 苦しい状況にまたなるのかと思ったら、ヴェルディのミスからボールを奪うと吉濱が移籍後初ゴールですぐ同点とし、風下で苦しい中でヴェルディの攻撃を凌ぐ事が出来たのは、大分戦後半の勢いが残ってた様でした。

 そして後半、高い位置で奪ったボールからのカウンターを森村が決めて、勢いがつきました。
 ヴェルディは逆転された後のプレーになんと言うか気持ちが切れた様な感じで、前半に見せていたロングフィードで逆サイドを突く先方が風下に回って機能しなくなったところで攻め手を失った様な感じでした。
 その後の吉濱の2点目、孝司が畠中と競りながらドリブルで持ち上がって出したラストパスを叩き込んだ中島のゴールで完全に息の根を止める事が出来ました。
 ここまで5失点だったヴェルディが、この試合だけで4失点して連敗というのも、勝負ってのは判らないものです。
 3連敗と悪い流れながらも、大分戦の後半で取り戻した勢いを上手くヴェルディ戦にぶつける事が出来たのは、過密日程であったのも効いている様に思えます。
 この流れでGW最終日の横浜戦も一気に行ってほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】不屈    アウェー大分戦(●4-3)

 開始早々に1失点。
 町田のウィークポイントを突いて左右に揺さぶりながら押し込んでくる大分に高く上げたラインを突破されたところで、深津が一発レッド。
 その後も振り回され押し込まれて、前半は為す術無く馬場にハットトリックを許す、相馬さんのゲームプランは木っ端微塵にされて、後半は大分が攻め疲れてくれてる事を祈るのみと、とても前向きに行けない状況でした。

 後半はどうするのか。深津の穴を埋めるのに吉濱を下げて藤井を入れているので切れるカードは2枚。
 気温の高い大銀ドームで一人足りない分を運動量で埋める必要がありましたが、残った選手はみなハードワークしてくれました。
 後半序盤に主導権を町田が握って酒井が押し込んで1点を返す。
 大分にしてみれば前半に試合を決めてしまったと言う緩みが出てたように思えます。
 その後、ロメロが負傷でピッチを後にして9人になりましたが、孝司と平戸を投入しリスクを追って大分を押し込み、平戸の二人に挟まれながらも頭で押し込み1点差まで詰め寄る事に。
 大分のカウンターが嵌まって伊佐に高く上げたラインを突破されて突き放されながらも、ラストプレーで藤井が高さのあるヘットで維持を見せくれました。

 虐殺モードの試合を人数が減っても緊迫した試合展開に持ち込んだ後半は、今季ベストゲームだったと言えます。
 試合後、大分の片野坂監督は勝ち試合にもかかわらず激怒してたらしいですが、気持ちで凌駕した町田の闘志が上回ったからこその結果だったと思います。

 ただ、この3連敗はことごとく町田対策が嵌まっての失点ですので、相馬さんには何らかの対策をお願いしたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】連敗 ホーム山口戦(●1-2)

 山口とはお互いのホームで勝てないのを今季も継続してしまいました。
 あちらは霜田さんが建て直した全く新しいチームとなっていました。
 上野さん時代のサッカーは残っていませんが、強かにゲームを運ぶ様な感じでしょうか。
 自分たちの特徴を全面に押し出すというより、相手の長所を消していく形を取ってきました。

 試合自体は前半に自分たちの時間帯を作った中で先制できていれば、また違った流れになったかと思います。
 気温が上がってきた事もあって、前半の中盤過ぎから運動量が落ちてきた事で山口の動きについて行くのがしんどい感じになってました。
 前後左右にコンパクトな陣形に対して、右の小野瀬と左の高木に送って左右に揺さぶりを掛けるのを繰り返してくれましたので、サイドの選手はかなりキツかったはず。
 大谷はかなりプレーが荒くなってましたし。
 カードもかなり出ましたが、守備が上手く行ってない時にファールで止めるしかない状況になるので、仕方がない部分はありますが、カードは後で効いてくるので。

 杉森が初ゴールを上げましたが、スピードが魅力の選手なので、それを活かす形が作れればゴール量産も出来るでしょう。
 今の使い方だとボールを納めてからスタート~加速からのシュートなので、今一つ活かしきれてませんが、一旦ボールを誰かに落として貰ったのを前を向いて受けるようになれば、スピードが活きる筈。
 4-4-2の2トップの一角より、1トップでシャドーに入った方が適正かと。
 でも相馬さんも頑固だからなぁ。




にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】初黒星  アウェー千葉戦(●3-2)

 J2復帰後、相性の悪い千葉との対戦。

 序盤は千葉のブチ切れてるハイラインで押し込まれて対応させられていましたが、やり口が見えてきた中盤からは町田が押し返し千葉が前に出てきにくい展開に持ち込む事に。
 この時間帯にサイドを突破して、千葉がサイドによった事で手薄になった中央からロメロ・フランクが相手DFを綺麗にかわして先制。
 このあとも町田の時間帯が続き、千葉が後手に回っていたので、ここで加点できてれば町田に勝ちが引き寄せられたと思いますが、千葉も押し込む展開に持ち込もうとしている中で上手く行かなかったのが残念。

 後半、町田のプレスに千葉が対応してきて、思うようにボールを握って攻撃に出れなくなり、逆転される事に。
 船山のアレは年イチレベルのやつなので、なんでこの試合で出すかね?と。
 ただ、2点差をつけられても気持ちを切らさずに攻めに転じた中、ロメロ・フランクの2点目はスピードと正確さでゴールまで綺麗に繋がったベストゴールだったと思います。
 川崎はヴァイタルまで持って行ってもこれができないから点が取れない。
 2点差をひっくり返す勢いでしたが、流石に千葉に守りきられました。
 ホームではそれなりに強い今季の千葉が、なんとか町田を押さえ込んで逃げきった結果になりました。

 この試合で気になったのは、千葉の選手交代についてのゴタゴタで無駄に時計を進められたところでしょうか。
 主審の高山さんは割とストレスの無いジャッジをしてましたが、終盤に千葉が誰を誰に代えるのかでバタバタやってる所はきっちりと仕切ってほしかった所。
 リードしている側の千葉がやってるんですから、遅延行為として千葉ベンチに警告を出しても良かったのでは。
 監督が外国人で言葉の壁がありましたなんて、昨季から指揮を取ってる監督なんですから言い訳にもなりません。

 ついに無敗が途切れました。
 ただいつかは途切れるものですから、苦手の千葉相手で消費しておいて良かったと思う事にします。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】不敗は続く  ホーム熊本戦(△2-2)

 鞠戦とかぶってしまったので、情報遮断して帰宅後にDAZNで観戦。
 せめて2時間空いてれば、野津田から日スタまで余裕を持って移動できたのに。

 熊本のサッカーが昨季までとはがらっと変わっていて、言い方はアレですが泥臭いサッカーがすっかり洗練されたものになってました。
 熊本は比較的お得意様だっただけに、その変わりようには驚きました。
 監督ってほんとに大事なんですね。
 しかし、渋谷さんって大宮であんなサッカーやってたっけ?
 周到に町田対策を施してきて、1点目はまさに策に嵌まった感がありました。
 ただ、そんな「相手を潰す」熊本のサッカーに「自分たちのサッカー」をさらに徹底して対応していくところに、今の町田の上手く行っている調子の良さを感じました。
 昨季の後半はずるすると行ってしまってただけに、気持ちで負けてないのが今季の町田でしょうか。
 熊本からすれば、想定どおりのサッカーをやってほぼ勝利を握っていたところで、決して油断してたわけでは無かったでしょうが、町田の勢いの前にラストワンプレーで勝ち点2を失ったのは残念の一言では片づけられないでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
 

【町田】エイプリルフールの上位決戦 アウェー水戸戦(○1-0)

 まだ序盤とは言え、水戸ちゃんとの対戦が『上位決戦』と呼ばれ、エイプリルフールかよってつぶやかれていますが、上位にいるんだから仕方がないです。
 J1ライセンスをお持ちの志の高いJ1経験者の皆様が春眠をむさぼってるから、J2ライセンス組が頑張らなきゃならん訳で。

 試合はどちらも好調ぶりが判る展開でしたが、先制してカウンターを繰り出し反撃しながら守り抜く、町田の必勝パターンに乗れたのに対して、やはり水戸側に怪我で離脱した選手が増えている影響はあったのではないかと。
 水戸に移ったユウジのFKは怖かったですが、風の影響もあってか今一つだったのも町田にとっては良かったです。

 流石に後半風上に回った水戸の攻勢にはヒヤヒヤしましたが、ヤバかったのはバイアーノのポスト直撃弾位で、粘り強く守りきれたと思います。

 今季無敗なのはヴェルディと町田のみで、7試合で勝ち点15点を稼げました。
 1試合あたり2勝ち点2は優勝争いレベルではありますが、何時までも走らせてくれるほどJ2は甘いリーグでは無いので、まずは折り返しまでに勝ち点30に乗せられれば。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】しぶとく勝ち点を拾う アウェー金沢戦(△1-1)

 対金沢戦で無敗を続けているとは言え、流石に今回は厳しいんじゃないかとDAZNの画面を見て思いました。

 4-4-2でかみ合う状況でしたが、金沢は町田の右サイドを攻略ポイントに定めた様で、特にマラニョンには再三最終ラインを突破されて、金沢のフィニッシュ精度の悪さと高原のファインセーブが無かったらボコボコにされてたかもしれません。
 金沢は高さで競ってくる事があまりなかった事もあるのか? 藤井に替えて酒井を入れてかなりケアされたので、相馬さんの修正はある程度効きましたが、中盤で刈り取ってくれるロメロ・フランクがいればと。
 連戦で選手を入れ替えながら戦っているので、特定の選手に負荷を掛けるのは今の時期は避けるべきですし。

 同点ゴールは、あそこで落ち着いてボールを保持してシュートに持ち込んだ大谷は良かったですが、相手3人くらいに囲まれながら、ラストパスを送るのに一瞬タメを作って相手に隙を作らせてから出した杉森のプレーも流石です。
 あそこでボールをキープしてくれるなら、他の選手もゴール前に入ってこれます。

 金沢はヤンツーさんの嫌らしいサッカーが根付いてきて、やりにくい所が出てきましたが、優位に進められた前半に先制できていれば、勝つチャンスはあったかなと思います。
 ホームでの対戦時は勝ちましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】似て異なるもの ホーム松本戦(○2-1)

 昼間の雪と、その後も降り続いた雨で野津田のピッチコンディションは良くありませんでした。
 ボールを繋ぐパスワークで崩してくるサッカーはかなり苦戦した筈ですが、町田はハイプレスで奪ったら前にガンガン出すサッカーですし、松本もこの日はロングボールを放り込む事を諦めたのか?コンパクトな陣形を保ってカウンターを仕掛ける、似たようなサッカーのぶつかり合いになりました。

 町田のサッカーにつきあう羽目になったとは言え、結果が出てないのが不思議な位松本のカウンターを中心にしたサッカーは怖かったです。枠外に飛んだシュートのうちどれかが入ってたら、結果は変わってたでしょう。
 特に失点したシーンの縦に早いカウンターは完全に崩されました。
 ただ、お互いにカウンターを防いでそこからカウンターを仕掛けて決めきれない、そんな繰り返しになったので、セットプレーの善し悪しが試合の流れを左右しました。
 町田の新ストロングポイントである、平戸の精度の高いキックでゴール前に入れたボールを藤井が押し込みましたが、あれは触らなくても入ってたでしょうね。
 これだけ成果を見せつけると、FKを与えるファールを取られない様に相手も守るようになるでしょうから、ファールで止める選択肢を奪えるのはアドバンテージになります。

 2点目様に、前がかりになってきた相手を押し返しきれない時に相手の縦パスをカットしてからのロングカウンターを見せられたのも、押し込んだ時には後ろもケアしないと危ないって警戒してくれると、守備も楽になります。
 今日のような試合展開だと守備に余裕が無くなりますし。

 しぶとく勝ちを拾ってホーム連勝となりました。
 勝ち点を稼げる時に稼ぐのが残留の近道ですので、チームの調子が良いうちに結果を残しましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
 

【町田】もぎ取った勝ち点1  アウェー山形戦(△2-2)

 DAZNで観戦。
 前半押し込めてた時間帯にもう1点が取れてれば、この試合の流れはこちらに来てたと思います。
 山形が後半よく建て直しきて、そこに上手く対応できていれば逆転される事はなかったかもしれません。

 もっとも、最後まで諦めずに攻める姿勢をみせていたからこそ、終盤にゴールをこじ開ける事ができました。
 風間さんはかつて「FWは大物をつり上げてくれればいい」と言っていましたが、バブンスキーの初ゴールはまさにFWの仕事でした。
 追い詰められたあの状況で、正確にクロスを供給した森村もたいした物ですが、きっちりと決めきったバブンスキーのヘッドは素敵でした。
 甲府戦ではシュートを撃たない事に不満がありましたが、初ゴールを上げた事で、これからガンガン行ってくれるきっかけになってくれればと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR