【町田】5年目の対戦  ホーム湘南戦(△0-0)

 2012年シーズン最終節に対戦後、5年目の対戦。

 あの試合の後、町田はJFLからJ3を経てJ2に復帰。
 湘南はJ1で戦いながらも、武運拙く2016年シーズン降格。
 お互い色々とあって再び同一カテゴリーでの対戦となりました。

 この試合、前半に押し込んで数多くのチャンスを作ったのは町田でした。
 湘南のボランチをがっちりと押さえ込んで自由にさせず、ボールを拾ってカウンターが機能し、前半で動く事が少ないチョウさんをして前半に戦術的カードを切らせる位、湘南を追い詰める事が出来ていました。
 この時間帯にゴールが決まっていれば、違った展開になったと思います。
 決定力不足がここでも足を引っ張ってしまいました。

 そして、町田の出方を見て対策を切った後半は町田の足が止まった事もあって湘南の時間帯に。
 それでも最後に踏ん張ってゴールを割らせなかったので、何とかドローに持ち込む事ができました。
 優勝候補筆頭の湘南相手にドローは決して悪くない結果ではありますが、前半の攻勢を見ているとドローで悔しい感じなのは、あの時より強くなった姿を見れたかもしれません。




にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】連敗脱出    ホーム熊本戦(○2-1)

IMG_3279.jpg

 アウェー水戸戦で終盤追い詰めたものの一歩足りずに破れて連敗。
 この試合の結果如何で残留争いに向けてまっしぐらとなりかねない状況でした。

CIMG2136.jpg
熊本戦のお約束でくまもんが来町。くまもんの行くところ、常に人だかりが。

 前半からよく相手を押し込んでいましたが、熊本のカウンターからサイドを突破されてのクロスやシュートを浴びる怖いシーンはあったものの、ボールを支配して押し込む事は出来ていたと思います。
CIMG2143.jpg
 今日のYASSカレーはチキンタツタ。

 この試合、CB3人が並んでいた事からフォーメーションを3-5-2にしてくるのでは?と言われていましたし、KOの配置を見ても3バックかとおもっていましたが、その割に選手の配置が変。
 左サイドは松本と戸島がかぶる感じですし、トップ下と言われていた吉濱は右サイドから外れる事は無く。
 大谷を右SBに入れた事で誤解を生んだようです。
 頑固な相馬さんがフォーメーションをいじるってのは、かなり劇的に替えてくるかと思いましたが、奥山が怪我らしく右SBがいなかったので大谷を当てたようです。
 ただ、この采配が結果を生みました。
IMG_3340.jpg
 大谷がゴール前に上げたクロスを、戸島がニアですらしてファーサイドのポールに当たってin。
 戸島の今季初ホームでのゴールとなりました。
 土岐田・奥山不在で本職のSBではないものの、守備はしっかりとした様に思えます。

 後半、熊本に中央を縦一本通されて失点しましたが、あのシーンは追加点を取るのに前がかりになってた隙を突かれたので、今後に向けての対策がいると思います。

IMG_3352.jpg
ハーフタイムに場内を回るくまもんとゼルビー。くまもんが近寄るとみな笑顔になるようです。


 同点に追いつかれたものの、途中出場の井上が遠い位置からのロングシュートをゴールに突き刺して、今季初ゴールとなりました。
IMG_3401.jpg
IMG_3403.jpg

 突き放した後はヤザーさんを投入して、ボールを敵陣深くでキープして高い位置からのカウンターを防ぎつつ追加点を狙う姿勢を見せて上手く時間を使うことができました。
IMG_3419.jpg

 連敗を2で止め、調子も上向きになってきたように思えます。
 連休中の3連戦の残り1つ、ホーム湘南戦で勝ち点を取れれば、夏場を良い形で迎えると事が出来そうです。
IMG_3430.jpg
IMG_3441.jpg
 ホームで久々のラインダンス。 ゴール裏には鯉のぼりが。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】追撃及ばず   アウェー水戸戦(●3-2)

 前半のPKが痛かった。
 あれで流れが変わりました。

 戸島と前田がハイボールを競った際の衝突を取ったのか、その前の何らかのプレーを取ったのか、まるで判りませんでした。
 戸島と前田なら、イーブンの状況で競って飛んだ時の衝突で先に飛んだ戸島が勝っていた状況なので、解せない判定です。
 しかも、PKを取ったのにカードは誰にも出ていない。
 ゴール方向を指したときは掌を広げてたので、てっきりゴールキックで再開かと思ったのですが。
 PKスポットを指すなら指さししてほしい。

 1失点目はもうハプニングの域の失点でしたが、後の2点はどうかと思います。
 完全に相手のスピードを読み間違えた対応でゴール前まで持っていかれて、そのまま失点に繋がってます。
 守備が踏ん張れているから攻撃に繋がるのですが、この試合は相手のスピードに手を焼いた状況でボールを失えば即カウンターを喰らって一気にゴール前へ。
 ラインを上げているリスクではありますが。

 後半2ゴールで追撃できたのは、3点リードになった水戸が試合を終わらせに掛かって前への圧力が減った事も大きかったですが、試合をひっくり返す勢いを出せた結果だと思います。
 これを次に繋いで、ホームでの勝利に。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】カウンターで沈む ホーム徳島戦(●0-1)

IMG_3235.jpg

 またも雨の試合でした。
 昨年夏に買って一度も使わなかったポンチョが、今季は既に3回も使用していて、段々と雨が強くなっている

 カウンターは町田対策の定番の寄せて逆サイドにクロス、空いたスペースを持ち上がってゴール前にアーリークロスを入れてシュートに持ち込む。
 失点シーンだけでなく、何度かやられてましたので、徳島は入念に準備してきた成果をだしたってところでしょうか。
 縦横にコンパクトな陣形でスライドしていく以上、相手はそこを突く訳でサイドチェンジされたら外側のポジションの選手がマークに着く事になりますが、後手に回ると押し込まれますね。

 ただ、前節名古屋に2失点と、守備には課題がありそうな徳島だったので、攻めたてる事はできました。
 フィニッシュの精度だけが残念。
 守備ブロックを作ったところを縦に速く攻めてもう一押しで崩せる感じがありましたが、上手く逃げられてしまいました。
 吉田・吉濱の同時投入でより攻撃に激しさが増しているので、彼らが結果を出す様になったらと期待できる内容だったと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
 

【町田】今季初連勝、そしてホーム初勝利 ホーム横浜戦(○1-0)

IMG_3018.jpg
IMG_3019.jpg
IMG_3038.jpg
J通算400試合出場の中島に対する弾幕。

 前節の劇的勝利の勢いにのって、今季良いスタートを切った横浜相手にきわどい所を勝ちきる事が出来ました。
 試合自体はスコアレスドローか?と言った感じでしたが、予想外の出来事が試合を決めました。
 ただ、横浜の攻撃を停滞させる事が出来ていたので、攻撃で相手の隙を突ければと言った所でしょうか。
 それは横浜側も同様だった様です。
IMG_1609.jpg
 この試合のイベントに合わせてランドセルを背負ったゼルビー。 しかし何故赤いランドセル?
IMG_1605.jpg
YASSカレーの最後尾プラカードに貼られていたもの。 確かに反町さんの狡猾さや強かさは真田家並みか。
IMG_1608.jpg
今回は塩豚トロカレー。 野津田出店時のみのメニューだとか。

 横浜の攻撃を押さえ込んだのは、ボールの収まり所のイバを徹底的にマークして自由にさせなかったのが大きかったです。
 イバが機能しなければ、セカンドを拾って攻撃に入るカズも一緒に封じる事になりました。
 カズが前半で退いたのは、動きは悪くなかったので恐らく攻撃で効いてないからだと思います。
 ここで大久保を投入されてたら、また違った後半戦だったでしょうが、イバが90分持たないのか?後半終盤に交代で入ってきたので助かりました。

 試合を決めたのは横浜のミス、戸島にプレスを掛けられて枠内に掛かるコースでバックパスを出してしまった西河のミス、バックパスを追いかけてくる戸島が目に入ったのかトラップを空振りしてしまった高丘のミスが重なった事で、ゴール片隅にボールは転がり…。
 一瞬、何が起きたか判りませんでした。
IMG_3093.jpg
IMG_3094.jpg
 何が起きたか判らず、ゴールシーンを撮り損ね。
 普通はあり得ないミスが重なりましたが、それを生んだのは戸島のボールを奪おうとするプレスでした。
 他のシーンでも横浜守備陣がボールを持つとプレスを掛け、味方からのボールはしっかり納めて攻撃に繋げようとする、ボールを追いかけ続けたから生まれたオウンゴールでした。
 リザルトはオウンゴールですが、戸島のゴールにしてあげたいゴールでした。

 今季ホーム初勝利、そして上位陣相手に連勝することができました。
 際どい所で町田に良い目が出る、良い形で回り始めましたので、この流れを手放さない様に次も勝ちに行きたい所です。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】ハットトリックで劇的勝利 アウェー福岡戦(○1-3)

 こんな滅多に見れない試合を生観戦したサポさん、お疲れさまでした。

 やっぱりATに色々あった等々力から帰還して、DAZNに繋いで見ていましたが、強い雨で悪化していくピッチコンディションに双方苦労してたように見えました。
 水たまりでボールが止まるって事はなかったですが、予想よりかなりボールが滑っていく感じでしょうか。

 昨季J1にいた盟主。
 1年での復帰を目指している中で町田からはしっかり勝ち点3を取りに来てました。
 山瀬・サネ・リキがスタメンと、川崎サポ的にはおぉ~って感じでした。
 ただ、福岡の攻撃もそれほど怖いところが無く、PA内に入り込んでシュートってシーンはほとんど作らせてませんでした。
 ラインを高く保つ町田の最終ラインを押し下げきれずに、エリア外から放り込む感じでした。
 町田側も状況はそれほど変わりませんでしたが、もうちょっとフィニッシュの精度が高ければ。

 前半は攻めきれない福岡と福岡の攻撃を凌ぎきった町田の展開で、後半の指示とベンチワークが鍵になっていましたが、福岡の井原さんが上手く切ったジウシーニョ投入のカードにしてやられました。
 エリア内での枠内シュートって後半はあれが最初だったと思いますが、チャンスを逃さないジウシーニョに高原が弾いたこぼれ球を上手く押し込まれました。

 そして時間を置かずに増田の退場。
 カードを早い時間帯に貰っていたのに、軽率だったと思います。
 イライラしてたウェリントンはリードした事で、すっかり落ち着いてしまっていましたから、もう少し慎重にあたるべきでしたけれど、これが井原さんの迷いを生んだかなと。

 相馬さんにしてみれば、1点ビハインドでCB退場だからといって、そこをそのままに攻撃カードを切りに来るタイプではないので、ヤザーさんを削って金投入で最終ラインを再整備し、その上で吉濱と平戸投入。
 中島が1トップの位置に入りましたが、これがあたりました。
 1トップで下がってくる事が減って、攻撃に比重を置ける環境になったのが効いてました。

 ウェリントンが下がって坂田になった時点で試合を終わらせにきた福岡が狙ったのは、守備を固めてボールを奪ったらライン裏に坂田を走らせてカウンターだったと思いますが、町田が上げるラインにつきあって全体に下がってしまったのは、計算外だったと想います。
 縦に速くを徹底する町田としては、コンパクトに全体を押し上げられたのは幸いでした。

 ゴールシーンはすべてゴラッソでした。
 あの時間帯からのハットトリックってのは記録だそうですが、守りに入った福岡が同点喰らった時点で浮足立った所を上手く畳みかける事ができましたが、吉濱のキック精度の高さが遺憾なく発揮されたと思います。
 1点目はもちろんですが、2点目のニアからのすらしヘッドもあのスピードがあるからリキも対応できずにゴールになりましたし、3点目のサイドで奪ったボールを最前線の中島の前にピタリとキープしやすい回転を掛けて落としてと、技ありでした。
 パワープレーでリキが前線にあがってて戻れなかった事もありますが、あれほど見事にフットサルのパワープレー返しばりのカウンターが決まるシーンって滅多にみれません。
 やらかしエンタメ系GKのリキとは言え、あそこで上がるのはこういったリスクを取る事になるので、ベンチの指示無しではやらんでしょう。
 そういった意味ではこの3失点はGKノーチャンスの不運な失点でしたので、一方的にたたかれるのも可哀相な気がします。

 劇的に勝っての2勝目。
 次の横浜にも勝って勢いに乗ってほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】ワンミス    ホーム岐阜戦(●0-1)

IMG_5443.jpg

 試合内容はお互いに同じ様なもんで、これはスコアレスドローかもなと思ったところで失点。
 その後、猛攻を仕掛けますが実らずに試合終了。

IMG_5414.jpg
IMG_5416.jpg

 岐阜のサッカーはまさに甲府時代の大木サッカーでした。
 狭いエリアに相手を押し込んで数的優位からの短いパスを繋いで、ゴールを目指すもの。
 前季とは違ってやみくもにロングボールを蹴っ飛ばすこともなく、ロングボールは効果的にサイドチェンジに使ってました。
 町田も縦横にコンパクトに保って高い位置を保つ様なサッカーですので、さながらミラ-ゲームの様な様相でした。

 お互いにゴールに迫りますが、GKの好守に阻まれる。
 特に岐阜のビクトルはビッグセーブ連発で、2点は阻まれました。
 岐阜は良い補強したと思います。

 失点シーンは難波が高原が前に出ているのを見てのベテランらしいループシュートでした。
 見た目は高原のポジショニングミスですが、ボールの奪われる位置が高く、かつあっさりと奪われたので、高原も前に出るしかない状況に見えました。
 最終ラインの顔ぶれが変わって連携に問題があったのかは、相馬さんが分析して対策してくれるでしょう。

IMG_2820.jpg

 この試合で移籍直後の増田と吉田を使ってきましたが、連携は取れていたとは思えませんでした。
 あと2~3試合は掛かりそうな気がします。

 残留争いのライバル3連戦は1勝1分1敗と勝ち点積み上げに失敗しましたが、これが終盤に響かなければと思います。
 特に岐阜ちゃんは、この先手ごわくなっていく可能性が高いので。

IMG_5421.jpg

 ゼルビアレディースのお披露目。 5部リーグからのスタートですが、めざせなでしこ!

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

YASSカレー オープン

IMG_1543.jpg

 YASSカレーがオープンしたのでオープン当日に行ってきました。

 JR町田駅のターミナル口から出て3分も掛からずに、おなじみのロゴの看板が出たお店の前に。
 お昼ちょっと前だった事もあって、待たずにテーブルにつけました。

 店内はいかにもYASSカレーの世界\(^o^)/

 メニューは定番な角煮カレーの他、野津田でおなじみなトントロや合鴨ドライカレーが。
 今回は1日に角煮カレー食べる事になるので、トントロカレーを注文。
IMG_1545.jpg

 いつもの容器からお皿に変わって、盛られたカレーはちょっと新鮮。
 味はいつもの味ですが、今まで外で食べてたのとは食べた感じが違います。
 BGMが翼さんのフリートークからロックに変わってるし。

 アウェーが続いているときは、お昼を食べに来るのも良いかもしれません。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】勝ち点2を失った試合  アウェー金沢戦(△2-2)

 現地参戦されたサポさんお疲れさまでした。

 金沢の新指揮官ヤンツーさんの「前半は町田にボール握らせろ。バテさせた後半に一気にギア上げて勝負だ」戦術にしてやられました…って事にしておきたいような試合でした。
 相馬さんのハーフタイムコメントを聞いても、十分注意はしてたはずですが。
 前半序盤のグダグダな金沢の守備の時間帯に町田としては上出来な2ゴールを奪いましたが、前半のうちにあと1点だめ押しできてれば、金沢は折れて試合は決まってた筈。
 ヤンツーさんが後半早々から2枚替えで仕掛けてきた時に、2点を守るのか押し込んで追加点とって終わらせるのか明確にしてはいたと思いますが、前半飛ばしてたツケを後半の早い時間帯に払う羽目になってしまいました。
 足が止まり始めたところから守りに入った様にみえましたが、勢いづいた金沢を抑えきれなかったようです。

 終わってみれば痛み分け的なドローとなりましたが、前半の金沢の守備をきりきり舞いさせた町田の攻撃は見ていて楽しかったです。
 J2初ゴールになった戸島のヘッドも、井上の町田初ゴールも本当に綺麗に決めてくれました。
 それだけにしっかり勝って帰って欲しかったですが、次につながるゴールだったと思います。

 アウェイが2節続いて、次節はホームに帰って来て岐阜。
 ここまで結果は出ていませんが、大木さんのサッカーが実戦を経てどこまで浸透しているか。
 なんとも不気味ではありますが、前半に見せた攻撃的なサッカーと試合をクローズさせ方を間違えなければ、結果は出る筈です。
 しかし、6試合連続未勝利な相手って、日程君はなんて仕事をしているんだか?




にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】今季初勝利  アウェー群馬戦(○0-1)

 まともに吹きつけてくる強風で冷え込んだ中、現地参戦されたサポさん、お疲れさまでした。
 DAZNでもしっかり町田のチャントは聞こえてきました。

 今回は休日出勤だったので、情報をシャットアウトしてDAZNの見逃し配信で夜中に観戦しました。
 画質はともかく、見たいときに見れるのは便利です。

 この試合でも前節の岡山戦と同じく、主導権を持って攻める時間がかなりありました。
 リザルトのボール支配率を見ると、群馬と余り差がなかったのは意外でしたが、相手ボールを奪ってカウンターの形は出来ていましたし、オフサイドになりましたが、奪ったボールをヤザーさんが持ち上がってのカウンターは画面を通してもおぉ~と思わされる迫力がありました。
 強風でロングボールの精度と飛距離が期待できない中で、地上戦で上手くゲームを作れてたと思います。
 得点シーンは風のいたずらの様なゴールでしたが、枠に飛ばせば何かが起きると言うのが実証されたゴールだったかなと。

 今回の群馬のサッカーはまだ何をやりたいか詰めきれてない様な感じに見えました。
 今季から森下監督が指揮を執っていますが、新しい形を見せるのに実戦の中での試行錯誤が続いているようなそんな感じでしょうか。
 そのせいか?選手がうまくいかない所でアフターになってしまうとかのファールが多かった様に思えます。
 今季で4シーズンやっている相馬さんとの完成度の違いでしょうか。
 ただ、やろうとしているのは繋いで行くサッカーの様なので、完成形に近づいた後半の対戦は手を焼く事になるかもしれません。
 ちゃんとボールを前に回せる様になっているなら。

 今回の群馬、次節の金沢は残留争いをするのに直接絡んでくるであろう相手です。
 その相手から確実に勝ち点3を奪うのが、今季残留を早く決める事になると思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR